ランサーズの検索結果で上位に表示

今回は

  • ランサーズでクライアントからもらえる依頼の数を増やしたい
  • ランサーズで高単価の案件を受注したい
  • ランサーズでもっと稼ぎたい


こんな人のために、ランサー検索で上位に表示されるためのポイントを説明していきます。

上位に表示されるために実験してみた事と、それによって実際にどれくらいの効果があったかを説明しているので、これを参考に自分のプロフィールページを充実させてみてください。

クライアントから直接依頼されるほうが、高単価の案件を受注しやすいという意見をよく見かけますが、これは実際の経験からも本当にそうだと感じていますし、





実際にこんな意見もあります。出来るだけ検索結果で上位に表示されるようにしっかりと対策すれば本当に依頼が増えるので、間違いなく手を抜かないでちゃんとやるほうがいいです。



ランサーズの「ランサーを探す」ページの表示ロジックが変更になった


ちなみに2018年の11月から、ランサーズの「ランサーを探す」の表示ロジックが変更になりました。今後数ヶ月にわたってテストしながらさらに最適化していくみたいですが、結構大きく表示ロジックが変更になっている模様です。

ちなみにランサー検索の表示順位に影響する項目は今の所コチラの項目です。

▼順位変動要素(順不同)
 プロフィール文と検索内容の一致度 | 経歴・資格・スキルの登録数 | プロフィール名での氏名表示 | 顔写真の掲載 | 希望時間単価 | ランサーズ上でのアクティブ率 | 提案数 | ランク | メッセージの返信率 | 過去の受注カテゴリ | 過去のカテゴリ内の平均報酬額 | 受注数 | 報酬総額 | 直近の報酬総額 | ランサーズストアの出品数 | 評価 | プロジェクト完了率 | タスクの承認率 | 直近ご登録いただいているユーザー
Lancersより

項目は今後も追加される可能性があるそうですが、一番大きな変化は「プロフィール名での氏名表示」「顔写真の掲載」が追加された事です。正直プロフィールを色々と埋めるのが面倒という人は、最低限この2つをやるだけでも全然違います。



ランサー検索で上位に表示されるために具体的にやった事とその結果


上で紹介した順位変動要素の全て対策するのが当然ベストですが、自分が実際に上位に表示されるためにやった事はこちらの5つです。

  1. プロフィール文を加筆した
  2. 時間単価を入力してみた
  3. 経歴・資格に1つ経歴を追加
  4. スキルセットを1つ作成 / スキルを5つ追加
  5. ランサーズストアに一点自分の商品を出品した


これらをやった結果、2ヶ月連続でお客さんから直接依頼が届きお客さんからの依頼数が毎月2件程増えました。ちなみに中には高単価の案件も入っていて今も継続しており、別の案件の依頼も貰う事が出来ました。

ただし、この5つの中で実際にやってみて実際に効果があったのは「1.プロフィール文を加筆した事」「5.ランサーズストアに一点自分の商品を出品した事」の2つだけでした。



1. プロフィール文を加筆した

ランサーズ_プロフィール文の加筆
プロフィール文書くだけで本当に依頼が増えるのか、怪しいと思っていたんですが、ランサーズ側もオススメしている通り、間違いなくちゃんと書いた方がいいです。

100文字くらいしか書いていなかったのですが、そこから+400文字加筆して、約500文字くらいになるように加筆したところ、ランサー検索でおよそどのキーワードでも2ページ分くらい上位に表示されるようになり、今までもらった依頼の中で一番文字単価の高い案件を受注できました。

ランサーズでも300字以上記入すると依頼が増えますと案内していますが、実際に毎月2件くらい依頼が増えたので、本当に効果があると思われます。

お客さんに引っかかるポイントは多ければ多いほどいいので、マックスの上限1000字まで出来る限り記入するようにしましょう。

ランサーズのプロフィール文を書く際に大切なポイントなどは、別途こちらの記事でも説明しているので参考にしてみてください。

ランサーズのプロフィールを書くポイント(約200件受注の例文も)



なお、プロフィール文を見て依頼をくださったクライアントさんに、どうして自分に依頼をくださったのか意見を聞くようにしているのですが、その結果を踏まえると、プロフィール文に書く内容はもちろんですが、それと同じくらい説明している文章が分かりやすいかどうかも大事になりそうです。

考えてみると当たり前の話ではありますが、どれだけ実績があると書いてあっても、プロフィールに書いてある文章が分かりにくかったら依頼するのをためらいますよね。プロフィールの文章そのものが自分の名刺代わりになり、なおかつ作品の一つにもなるので、丁寧にしっかりと書くようにしましょう。



5. ランサーズストアに1点自分の商品を出品してみた

ランサーズの検索結果で上位に表示_ランサーズストア
ランサーズストアの出品数も表示順位を決定する項目のひとつになっているので実際にやってみた所、少しですが効果がありました。一つ商品を出品して表示順位が1個UPしただけでしたが、出品数が多いとさらにアップするかもしれません。

※ ランサーズストアは自分のスキルや経験に値段をつけて商品として販売できるサービスのことです。



他の3つも実験してみたけれど分かりやすい効果はなかった(泣)



2. 時間単価を入力してみた
3. 経歴・資格に1つ経歴を追加
4. スキルセットを1つ作成 / スキルを5つ追加



他の3つは、実は全て、見に見えて分かりやすい効果はありませんでした。プロフィールへの追記やランサーズストアへの出品とは違い、特に順位への影響はなかったです。



色々実験した結果を分析したり、他の人の感想を踏まえて感じること


プロフィール文章の追記やランサーズストアへの出品も大事ですが、それ以上に重要度が高いのは上でも紹介したように、今回から新しく加わった「本名」「顔写真」の登録です。この2つをしっかり設定すれば、分かりやすい効果が得られるはずです。他にも色々な項目を紹介しましたが、ランサーズはこれら2つの優先度をかなりあげています。







実際にこんな意見もありますし、実際に自分で色々なキーワードでランサーを探すの検索結果を見ていても、顔写真と本名が登録されれていれば、実績が2件しかない人でも上位の2ページ目に表示されていたりしました。

実際に上の方で紹介した「表示順位の項目一覧」を見ると分かりますが、ランサーズは登録したばかりの人を優遇する仕様になっています。よって登録したばかりの初心者でも、本名、顔写真、プロフィールなどの項目をしっかりと埋めれば、上位に表示される可能性は十分あります。

初心者にプロフィールをしっかり記入する事をオススメする理由は、こちらの記事でも詳しく説明しているので、チェックしてみてください。

ランサーズ初心者向け:プロフィールは超重要!大損してませんか?



でも上位に表示されるだけだと不十分!


ただ一方で、こんな意見もあり「なるほどー!!」と、とても参考になりました。





ある程度検索結果の上位に表示されているほうが、自分のプロフィールページをクリックしてもらえる可能性はアップしますが、クリックして読んでもらえても、お客さんに刺さる内容でなければ、依頼にはつながらないってことですね。

とはいえ、私たちがGoogleやYahooで検索する時と同じように、あまりにも奥のページに掲載されていると、そもそもクリックさえされず、自分が発見されないまま終わってしまう可能性もあります。まずは自分の存在を知ってもらう事が最初にクリアするべきハードルなので、上位に表示されるための対策にもしっかりと取り組むべきです。



まとめ


繰り返しますが、本名と顔写真はめちゃくちゃ大事です。顔出しや本名登録に抵抗がない人は、しっかり設定するほうがよいです。

ただ、本名と顔写真を登録しなくても、ランサーズである程度まとまった金額を稼ぐことは可能です。自分は匿名ですし、写真も顔写真ではありませんが、毎月平均20万円稼いでいます。

自分から提案して案件をとっているものも多いですし、そういった案件にも高単価の案件は当然あります。ちなみに提案から案件を獲得する際は、本名と顔写真よりも、今までの経歴過去に作成した記事のサンプルの方が大事で、これがしっかりしていれば十分案件を獲得できます。

ランサーズを匿名で利用したい人は、プロフィールの内容や実績・ポートフォリオなどに全力を注ぎましょう。経歴や過去に書いた記事を見る事が出来れば、お客さんも依頼しやすくなります。

ランサーズを出来るだけ匿名で利用したい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

ランサーズへの登録は本名と匿名(ペンネーム)どっちがいいのか。