2018年12月

ランサーズ_初心者_プロジェクト_提案

今回は

  • 初めてランサーズのプロジェクトに提案するけれど何を書けばいいか分からない
  • プロジェクトに提案しているけれどなかなか当選しない


こんな人のために、プロジェクトへの提案を採用してもらうために大切なポイントについて説明していきます。



なおこれを書いている私は、

  • ランサーズの利用歴は約3年。
  • トータルで稼いだ金額は約550万円程。
  • 最近本気を出すようになって毎月平均して約20万円程稼げている

こんな感じのランサーズユーザーです。


ちなみに今までの経験上、5件提案すれば、少なくともそのうちの3件は受注できる自信があります。あくまでも感覚ベースの話にはなりますが、確率的に50〜60%くらいは固いはずです。ちなみに数打ちゃ当たる的な感じで、何十件も提案した事は今まで一度もなく、しっかりと狙ってプロジェクトに提案してきました。

ランサーズ_プロフィール_データ


前提として、ランサーズにはライター向けの案件が一番多いので、当然ライターの人は受注しやすくなるわけですが、上の画像のように、提案数より受注数の方が上回っているのは、提案した際の当選確率が高いからというのも理由の一つとしてあります。

なおかつ、お客さんが望むものをしっかりと納品できれば、そのお客さんから継続して直接依頼がもらえるので、わざわざ自分から提案する事も少なくなり、より楽にランサーズで仕事が出来ます。



提案が採用されるための前提

ランサーズ_プロジェクト_提案採用

まず一番最初に忘れてはいけない事はお客さんが何を求めているのか正確に把握する事です。その上で期待以上の提案ができれば、ほぼ99%自分の提案が当選します。

なので、まずはお客さんがどういう理由で今回募集をしていて、どういった人を求めているのか、依頼内容をしっかりと読み込み、正確に把握するところからスタートしましょう。

お客さんによっては依頼内容に「これとこれの項目について必ず記載するようにしてください」など、具体的に指定している人もいますが、そういったポイントはフォーマットをそのまま使用して、お客さんの目がつきやすい位置に記載をしてください。

指定項目を書いていないと、依頼をしっかり読んでない人という事で真っ先に不採用になります。まずはお客さんが何を知りたがっているのか、正確に把握する事を第一に優先しましょう。



提案文を作成する際に大切なポイントは3つ!



お客さんが知りたい事をしっかり把握できたら、次は以下の3つを意識しながら提案文を作成しましょう。なお、上でも説明したように、もしもお客さんに指定された項目がある場合は、こちらの3つにしっかりとプラスして記載してください。

  1. 経歴や実績
  2. 過去記事などのサンプル(超重要!必ず用意する!)
  3. 適正な価格


これらが記載されていて、なおかつプロフィールもしっかりと記載されていれば、ランサーズの初心者でもベテランと充分に戦う事ができます。 初心者は経歴と過去記事で本当にほぼ全て決まります。

もちろん経歴も過去記事も、ただ記入すればいいわけではなく、どちらも書く内容が一番重要です。特にお客さんに提出する記事は100パーセント全力で書いたものを提出しないと意味がありません。

これから新しく作成する人はもちろんですが、既にサンプルを用意しているけれど、いまいち自信がないという人は、しっかりとアップデートするようにしましょう。

逆に言うとここの2つがしっかり出来ていれば、匿名でも不利になりません(実際に自分は匿名で今まで約200件ほど案件を受注できています。)

ちなみに本名と匿名の違いやそれぞれのメリット・デメリットなどについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

ランサーズへの登録は本名と匿名(ペンネーム)どっちがいいのか。


提案文のサンプル例文:

ランサーズ_提案文_サンプル例文

上で紹介した3つのポイントを踏まえた理想的な提案文を紹介します。実際に私がランサーズで提案する際も、ほぼこれと同じ内容で、後はお客さんの募集内容に応じて項目を追加したりするだけです。

※ ちなみに以下の例文はお客さんに回答項目を指定された前提で作成しました。




はじめまして、〜〜〜(自分のライターネーム)と申します。今回募集の「節約系の記事作成」のプロジェクトに応募させてください。

これまでに作成した記事のURLなども以下に記載させていただきました。ご確認どうぞよろしくお願い致します。


▼ 質問への回答

1. 年齢 / 性別
→ 30代 / 男性

2. 作業可能な時間
→ 1週間に45時間以上作業可能です。
※ 平日は8時間、土日はどちらか片方5時間可能です。

3. 実際に節約・便利系のWEBサービスを使用した経験はあるか。
→ 「A」「B」「C」などのサービスを現在利用しています。特に「 A 」のサービスに関しては使い始めて3年になり、かなり細かい部分まで仕様を把握しています。

4. Wordpressの使用経験
→ あります。1年ほど記事作成〜Wordpressで入稿するまでの案件を継続して担当しているので、スムーズに作業可能です。

5. チャットワークの利用経験
→ 利用可能です。


▼ 経歴や実績について
  • 都内の不動産会社に5年間勤務。営業とチームのマネージャーも経験しました。
  • 宅建とFPの資格も持っていて金融商品の知識もあります。
  • 現在フリーランスのライターになって2年目です。
  • 不動産・金融・節約・フリーランスなどの記事をメインに担当しています。
  • 「不動産 資格 勉強方法 」のキーワードで1位。SEOの知識もあります。



▼ 過去に作成した記事

・フリーランスが知っておきたい節約テクニック20選!
http://money-setsuyakudaiji.net/sorcehigh …

・主婦必見!知っているだけで得できる資産運用の知識
http://money-setsuyakudaiji.net/sorcehigh …

・節税対策できてますか?最大で30万円お得になる方法も
http://money-setsuyakudaiji.net/sorcehigh …

・仕事と育児の両立で悩んでいませんか?リモートワーク可能なサービスを10個紹介します
http://okanehadaijidayo.com/htteak …

・FPの資格を取得する際に活用したオススメの教材と注意したいポイント
http://fpdesetsuyaku.jp/htteak …

※ 守秘義務の都合上、記載できない実績もございます。
個別にはお話できるものもございますので、ご興味を持っていただけましたらお気軽にご連絡ください。


▼ その他(連絡可能な時間などについて)

現在はフリーランスとして活動しているため、8:00〜19:00までいつでも連絡可能です。これ以降の時間は少し反応が遅くなるかもしれませんが、遅くとも翌日には返信致します。




こんな感じです。これを上で紹介した重要なポイントに沿って整理してみます。



経歴や実績



▼ 経歴や実績について
  • 都内の不動産会社に5年間勤務。営業とチームのマネージャーも経験しました。
  • 宅建とFPの資格も持っていて金融商品の知識もあります。
  • 現在フリーランスのライターになって2年目です。
  • 不動産・金融・節約・フリーランスなどの記事をメインに担当しています。
  • 「不動産 資格 勉強方法 」のキーワードで1位。SEOの知識もあります。



この項目で特に重要なのは「都内の不動産会社に5年間勤務した経験」と「SEOの知識があり不動産のキーワードで1位を獲得した経験がある」の2つです。

ランサーズでの取引きは、直接顔を合わせずオンライン上でやり取りをするので、サラリーマンとして一定期間勤めた経験があると重宝されます。

また、ランサーズでのライティングの依頼は、ほとんどがサイトやメディアのPV数アップを目的にしたものになるので、SEOの知識があって記事をかける人の方が重宝されます。

もし「SEO知らない何それ?」という人はこちらで勉強しましょう。ある程度内容が理解できたら「SEOに関しての基本的な知識もあります」という風に記載しましょう。

こちらの動画とサイトをチェックしてみてください。




コンテンツSEOの効果と私が検索流入を倍増させるためにやっている7つの手順 / バズ部



過去に作成した記事などのサンプル



▼ 過去に作成した記事

・フリーランスが知っておきたい節約テクニック20選!
http://money-setsuyakudaiji.net/sorcehigh …

・主婦必見!知っているだけで得できる資産運用の知識
http://money-setsuyakudaiji.net/sorcehigh …

※ 守秘義務の都合上、記載できない実績もございます。
個別にはお話できるものもございますので、ご興味を持っていただけましたらお気軽にご連絡ください。



このように過去に作成した記事のタイトルと、それが実際に見れるページのURLを複数貼って紹介するのがベストです。もしもまだ記事がWEB上にない場合はEvernoteやGoogleAppsのドキュメントにアップしてシェアしましょう。

実際に自分が作成した記事は、何よりも、その人の実力を正確に判断するための材料になるので、お客さんが助かるのです。提案する際は必ず用意しましょう。



提案する価格が適正かどうかにも注意しよう


提案する価格が適正かどうかも大切です。お客さんが設定した金額より高めに提案するのもOKですが、お客さんが納得できなければ当然採用されません。

自分の実力に見合った納得感のある提案をしましょう。



その他のポイント



▼ その他(連絡可能な時間などについて)

現在はフリーランスとして活動しているため、8:00〜19:00までいつでも連絡可能です。これ以降の時間は少し反応が遅くなるかもしれませんが、遅くとも翌日には返信致します。



連絡可能な時間を書いておくことも大切です。ランサーズにはフリーランスや主婦の人だけでなく、副業として利用している人もいるので、日中まとまって時間が確保できる場合は大きなアピールポイントになります。

顔を合わせずに、オンライン上でのやり取りになるので、お客さんからの連絡に対して、すぐにレスポンスする事はとても重要なことです。

また募集要項に歓迎条件などが記載されていて、それに当てはまるポイントがあれば、ここで出来るだけ多くアピールしておきましょう。

例えば、Wordpressやチャットワークは使えますか?と聞かれることなどが多いので、こちらも準備しておきましょう。どちらも無料で利用可能です。



プロフィールに書く内容の前に大切なポイント

ランサーズ_プロジェクトへの提案_重要ポイント

そして実は、ここまで紹介してきたポイント以上に、提案文やプロフィールを作成する際、何よりも大切なものがあります。


それは内容の見やすさ・読みやすさです。


お客さんは基本的にたくさんの提案やプロフィールを見るので、パッと見た感じみにくいと、それだけで読む気がなくなってしまいます。面接とかと一緒でパッと見の第一印象は超重要です。



ちなみに見やすくする(読みやすくする)ためのポイントは以下の5つです。こちらを意識しながら記載してみてください。

  1. 余白をうまく使う。
  2. 箇条書きにして伝える。
  3. 出来るだけ一文は短くする。
  4. 数字などを使って具体的に書く。
  5. 出来るだけ結論から書く(お客さんが知りたい事から書く)。


上で示した例文は、全てこれらの項目を意識しながら作成しています。なお、この中でも最後の2つのポイントには、特に注意しましょう。



数字などを使って具体的に書く。


例えば、

不動産業界に勤務して、様々なお客様を担当させていただきました。チームのマネジメント経験もあります。

と書くよりも、


不動産業界に5年間勤務。担当したお客さんの数は全部で2000人以上で、10名のチームのマネジメントも担当しました。


このように書くほうが信頼性がUPしますし、仕事を依頼したくなりますよね?自分が達成した売り上げや成果などは具体的な数字とセットでアピールするほうが説得力が高いです。



出来るだけ結論から書く(お客さんが知りたい事から書く)。


先ほど、一番大事な事はお客さんが何を求めているのか正確に把握する事だと書いた内容にも関連しますが、お客さんが知りたい事は出来るだけ上に書く方がいいです。(実際に上の例文でも「質問への回答 」というかたちでそのような構成にしています。)

例えば、お客さんが「年齢 / 性別 / 一週間のうち作業可能な時間 / SEOの知識 / … 」など、このように具体的に項目を指定している場合は、経歴や過去に作成した記事を紹介する前に、まずは指定された項目を記載しましょう。

その上で自分がアピールしたい事や過去記事などを紹介する方が、細かい部分ではありますが、印象が絶対よくなります。



ここに記載してあるポイントに沿って提案しても当選率がUPしなかった場合


もしも結果が出なかった場合は、おそらく

  • サンプル記事のクオリティーがお客さんの求めるレベルに達していない
  • サンプル記事の数が少ない
  • ランサーズ上の実績や評価に問題がある


この中のいずれかを改善すれば、成果が出るはずです。結局は獲得したひとつひとつの仕事を出来るだけ全力でこなすのが、一番無駄がなくて近道だったりします。



まとめ

ランサーズ_プロジェクト_提案_ポイント

最後にもう一度重要なポイントを整理しておきます。 

  • まずはお客さんが何を求めているのか正確に把握する事
  • 経歴
  • 過去に作成した記事のサンプル
  • お客さんが納得できる適正な価格
  • 読みやすさ!見やすさ!

プロジェクトに提案する際に大切なポイントは、こちらの5つです。提案する際はこれがしっかり出来ているか注意しましょう。

あと最終的に依頼するかどうか判断する際に、提案文だけではなく、プロフィールの内容を見る人もいます。自分と同じくらいのレベルの応募者が複数いて決めきれない場合は、プロフィールで差がつく可能性が高いので、こちらもしっかりと記載しておきましょう。


プロフィールを作成する際に大事なポイントはこちらの記事を参考にしてみてください。

ランサーズのプロフィールを書くポイント(約200件受注の例文も)



ランサーズでたくさん稼ぐためのポイントについても説明しています。

ランサーズでたくさん稼ぐために知っておきたい7つのコツ!



フリーランス_副業_エージェント

現在フリーランスの人や、サラリーマンで副業(複業)案件を探している人に向けて、在宅やリモート勤務OK・週1~3日だけの勤務でOKな案件を掲載している求人サービスを30個集めました。

なおそれぞれのサービスはエンジニア・デザイナー・マーケター・ディレクター(プロデューサー)・ITコンサルタントなどの職種に案件を紹介しているサービスで、案件の数は2019年時点での数字となっています。





※リモートOKの案件を掲載しているサービスを掲載数に関わらず紹介しています。サービスの中には、リモート可の案件が10件程しかないものもありますが、逆に利用する人が少なくてチャンスになる可能性があります。どんな案件があるかチェックしてみてください。


※副業やリモート勤務OKの案件の中には、一部、MTG時などに出社が必要なものもありますが、スキルと交渉次第ではそういった制約もなしにしてくれるケースもあるそうです。いったん気になるサービスに登録して、相談してみることをオススメします。





1. Codeal(コデアル )


在宅リモート_Codeal(コデアル )

【コデアルの特徴:】
  • リモート案件の数が一番多い。
  • 週1~2日の副業も豊富。
  • 最低時給2500円〜で求められるレベルも高め。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / マーケター / セールス / 経営・事業計画 / 広報・PR / カスタマーサポート / 人事・総務 / その他



エンジニアの案件数は1446件、デザイナー197件、マーケター109件と、案件数もかなり多めです。あとカテゴリーには登録されていませんが、少しだけライターのリモート案件もあります。

Codeal(コデアル )



2. ITプロパートナーズ


ITプロパートナーズ_在宅案件


【ITプロパートナーズの特徴:】
  • 土日のみの案件も掲載されている。
  • 週2日〜をサービスのウリにしているため、独立や起業準備中の人の利用が多い。
  • 在宅リモートOKの案件も多い(マーケター / プロデューサー向けの案件でも可能)。
  • 週1日〜OKの案件もある。
  • 会社員でも登録可能なので副業を探している人でも利用可能。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / マーケター / プロデューサー



エンジニア向けの案件は526件、デザイナー向けの案件は111件、マーケター / プロデューサーの案件は55件あります。

上の特徴でも紹介したように、ITプロパートナーズは副業 / 在宅リモート案件が比較的多めです。実際に副業案件・在宅リモート案件がどれくらいあるか紹介しますと、



  • 在宅リモート案件:81件(エンジニア 66件 / デザイナー 13件 / マーケター・プロデューサー 4件 )
  • 週に1日勤務:12件(エンジニア 6件 / デザイナー 4件 / プロデューサー 2件 )
  • 週に2日勤務:58件(エンジニア 43件 / デザイナー 8件 / マーケター・プロデューサー 10件 )
  • 土日案件:10件(エンジニア 9件 / デザイナー 1件 )



このようなかたちになっています(2019年3月時点の数字です)。 ちなみに週に3日勤務も含めれば一気に476件まで増えます。


他にも実際にどのような副業案件・在宅リモート案件があるのかなど、以下の記事でより詳しく紹介しています。在宅で対応できる案件や無理なく副業できる案件を探している人はチェックしてみてください。

ITプロパートナーズは副業や在宅希望者も利用できるエージェント。

ITプロパートナーズ



3. Workship AGENT


在宅リモート_WorkshipAGENT

【Workship AGENTの特徴:】
  • 時給4000円以上の案件もあり。
  • 経験年数1年未満でも登録可能。
  • 週1日〜可能。
  • リモートワークの案件もあり。
  • オンライン面談も可能。




【対応している職種:】エンジニア/ ディべロッパーデザイナー(UI/UX含)ディレクター/ PM編集 /ライター人事 / 財務セールス /アカウントプランナー/ マーケター / その他



まだ始まったばかりという事もあって、案件の数は全部で56件とまだ少し少なめですが、時給4,000円以上で、週1日〜土日のみでもOK、リモートワークOKの案件も沢山など条件のいい案件が多いので登録しておきましょう。

Workship AGENT



4. レバテックフリーランス


在宅リモート_レバテックフリーランス



【レバテックフリーランスの特徴:】
  • フリーランスエンジニア向けのエージェントの中で案件数が一番多い。
  • 支払い日がエージェントの中で一番早い(月末締めの翌月15日払い。)
  • 週3日〜可能な案件の特集も




【対応している職種:】エンジニア のみ(アプリケーションエンジニア / フロントエンドエンジニア / インフラエンジニア / サーバーエンジニア / データベースエンジニア / セキュリティエンジニア / ネットワークエンジニア / ITコンサルタント / データサイエンティスト / テストエンジニア / テクニカルサポート など)



基本的に週5日勤務の常駐案件が多いのですが、フリーランスエンジニア向けのエージェントの中で案件数が一番多いため、担当者に相談すればリモート可の案件を紹介してもらう事も可能です。

また最初はリモートワークが難しくても、1〜2ヶ月お試しで働いてみて問題なければリモートに移行という事もあるので、フリーランス向けのエージェントは積極的に有効活用していきましょう。

ちなみにエージェントは出来るだけ多く利用するほうが有利です(それぞれの担当者に営業ノルマが課せられているため。紹介件数をUPするためにたくさん頑張ってくれます)。

レバテックフリーランス



フリーランス向けのエージェント一覧:

  • Mid Works(社会保険料の半額負担・給料の8割を保証する制度など)
  • geechs job(ゲーム業界の案件が多め)
  • ポテパンフリーランス(実務経験なしでも応募できる案件あり)


リモートで仕事したい人は、ランサーズと並行してフリーランスや副業向きのエージェントを使うほうがよい



5. Reworker


在宅リモート_Reworker

【 Reworker の特徴 】
  • 週1日〜可能で、時短勤務可の案件も
  • 週末のみの案件も
  • 育児中の女性歓迎の案件も多い
  • 掲載している案件の8割がリモートワーク案件。




【対応している職種:】エンジニア/ デザイナー / ディレクター/ ライター / コーポレート / セールス / 事務・アシスタント など



エンジニアやデザイナー以外の、コーポレートスタッフ/ セールス / 事務・アシスタントなどの案件数も多いです。

Reworker



6. CASTER BIZ


在宅リモート_CASTERBIZ

【 CASTER BIZ の特徴 】
  • 在宅でテレアポや事務などを担当。
  • 案件は全て完全リモートで対応可能。
  • ネット環境とPCが使える人であれば誰でも応募可能。




【対応している職種:】在宅オンラインアシスタント など



営業や接客などの経験を在宅で活かせる案件です。一部2019年5月まで募集をストップしているものもあります。

CASTER BIZ



7. シューマツワーカー


在宅リモート_シューマツワーカー

【 シューマツワーカー の特徴 】
  • 副業希望者にも向いていて、週10時間〜参加可能。
  • 土日のみや平日仕事が終わった後に数時間だけ参加することも可能。
  • 完全リモート可の案件も多い。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / マーケター / ディレクター など



色々あるサービスの中でも、特に案件の自由度が高いのが特徴です。他のサービスで都合に合うものがなかなか見つからなかった人も、シューマツワーカーを利用すれば見つかる可能性があります。

シューマツワーカー



8. Wantedly


在宅リモート_Wantedly

【 Wantedly の特徴 】
  • IT / WEB業界だけではなく様々な業界と職種に対応。
  • 完全リモート可の案件もあり、副業希望者でも対応可能(検索項目の一つに副業があります)。
  • 「在宅ワーク 地名」などで検索すると地方にいても対応できる案件がヒットします。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / マーケター / ディレクター / ライター / コンサル などなど幅広い職種に対応。



Wantedlyは本来転職者用のサービスですが、実はフリーランスや副業向けの案件も多く見つかりますし、対応している職種の数もかなり多めです。

あと中にはWantedlyで気になる企業を見つけて、ホームページから直接応募して案件を獲得する人もいるようです。

Wantedly



9. forkwell jobs


在宅リモート_forkwell jobs


【 forkwell jobs の特徴 】
  • エンジニア専門の転職サイト。
  • リモート勤務可の案件は全部で211件。
  • 正社員向けですが週5日のうち4日在宅勤務OKの案件も。




【対応している職種:】WEBアプリケーションエンジニア/ バックエンドエンジニア/ フロントエンドエンジニア/ i os アプリエンジニア / インフラ・ネットワークエンジニア など



完全リモート勤務可の案件の数はまだ少ないですが、ポートフォリオサービスなども用意されているので、エンジニアの方は一度チェックしてみてください。

forkwell jobs



10. PRO Sheet


在宅リモート案件_PRO Sheet

【 PRO Sheet の特徴 】
  • 週2日〜案件を紹介。リモート勤務も可能。
  • 案件の数は全部で842件で、約7割がエンジニア向け。
  • 報酬は1日3万円代のものが一番多い。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / PM / ディレクター / マーケター など



他のエージェントではあまり見ない企業が多く登録されています。

PRO Sheet



11. ランサーズ


在宅リモート_ランサーズ

【 ランサーズの特徴 】
  • 納期さえ守ればどこで対応してもOK。全てリモートで案件に対応できる。
  • 特にWEBライターの人にオススメ。
  • エンジニアやデザイナーの案件はハズレも多いのでしっかりと見極める必要がある。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / ディレクター / ライター / 翻訳 など



ランサーズを利用する際のポイントや注意点などについてもまとめています。

ランサーズ初心者向け:知っておくと有利になる5つのポイント!

ランサーズを利用する前に知っておきたい危険とその回避方法



あとランサーズと同様のサービスの「クラウドワークス」も一緒に利用すれば、応募できる案件の数が増えます。

ランサーズ

クラウドワークス



12. REMOTE STYLE


在宅リモート_REMOTE STYLE

【 REMOTE STYLE の特徴 】
  • 週2日〜案件を紹介。リモート勤務も可能。
  • 契約期間は2ヶ月から。
  • 時間単価で計算。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / ディレクター



もしかすると案件の数は少し少なめかもしれません。

REMOTE STYLE



13. flexy


在宅リモート_flexy

【 flexy の特徴 】
  • 週1日〜案件を紹介。リモートも可能。全体の約1~2割が常勤案件とのこと。
  • 週1日の勤務で報酬が月20万円の案件も。
  • 契約まで最短一週間。
  • リモートでの面談も可能。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / ディレクター など



他のエージェントではあまり見ない技術顧問などの案件も登録されています。

flexy



14. Midworks


在宅リモート案件_Midworks


【Midworks の特徴 】
  • 週3日〜の案件がある。
  • 一部リモートも可能。
  • 給与保証制度(8割を負担)や社会保険料の半額負担など正社員並みの保証がある




【対応している職種:】エンジニア向けの案件が中心。一部デザイナーやディレクター向けの案件も。



正社員並みの保証がある事がサービスの一番の特徴です。一定の条件を満たしていれば、仕事がなくても給料の8割がもらえたり、社会保険料の半額を負担してもらう事が出来ます。

Midworks



15. Crowdtech(クラウドテック)


在宅リモート案件_クラウドテック


【クラウドテック の特徴 】
  • 週3日〜の案件がある。
  • フルリーモートや一部リモートの案件がある(取引案件の33パーセントがリモート)
  • 面談から最速3日で参画できる。
  • エンジニアやデザイナー以外にも様々な職種に対応している。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / 編集・ライター / マーケター / ディレクター・プロデューサー など



クラウドソーシングで有名なクラウドワークスが運営しているサービスです。フルリーモートの案件と一部リモートの案件は約100件ほどありました(2019年3月時点)。

Crowdtech(クラウドテック)



16. プロの副業


副業・複業案件_プロの副業


【プロの副業の特徴 】
  • 週1日〜 / 月1〜の案件がある。
  • 1回の勤務につき3時間~4時間で、月に10~15万円稼げる案件も。
  • PR/マーケター/営業など、他のエージェントにはない案件が多く掲載されている。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / マーケター / ディレクター・プロデューサー / PR / ブランディング / 営業 / 人事 / EC / データアナリスト など



他のエージェントにはない職種の案件(PR・営業・ブランディングなど)を多く紹介しているのが一番の特徴です。案件のほとんどが非公開になっているので興味のある人は登録してみてください。

プロの副業



17. ミライエンジニア


リモート案件_ミライエンジニア


【ミライエンジニア の特徴 】
  • 週2日〜の案件を紹介している。
  • 90パーセントがリモートワークの案件。
  • スタートアップの案件が多い。




【対応している職種:】エンジニアが中心



先ほど上で紹介したシューマツワーカーが運営しているサービスです。案件の9割がリモートに対応しているので、フリーランスと副業(複業)希望者のどちらでも利用しやすいサービスです。ちなみに報酬も高めで、最低でも日給3万円以上の案件が多くなっています。

ミライエンジニア



18. Bizlink(ビズリンク)


リモート案件_Bizlink(ビズリンク)


【Bizlink(ビズリンク)の特徴 】
  • 週1日〜の案件がある。
  • リモートの案件もある
  • 案件の種類が豊富。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / ディレクター・プロデューサー など



週一日〜の案件やリモートOKの案件どちらもあるので、フリーランスと副業(複業)希望者のどちらにも向いています。

Bizlink(ビズリンク)



19. 3スタ


3スタ_リモート案件


【3スタの特徴 】
  • 週3日〜の案件が多め。
  • リモートOKの案件もある。
  • エンジニアやデザイナー以外にも様々な職種に対応している。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / グラフィックデザイナー / コーダー / プランナー・ディレクター・プロデューサー / SEMディレクター・コンサルタント など



上で紹介したように対応している職種がとても多いエージェントです。週3日からOKの案件が多いので、特に複業希望者に向いています。ちなみに週2~4日の案件率は全体の70%で、リモート稼働率は25%となっているそうです。

3スタ



20. joBeet(ジョビート)


リモート案件_ joBeet(ジョビート)


【joBeet(ジョビート)の特徴 】
  • 週4日以下OKの案件がある。
  • リモート案件もあり。
  • 複業案件やリモート案件は全部で26件しかない(2019年3月時点)。




【対応している職種:】エンジニア / デザイナー / ディレクター など



複業案件やリモート案件は少ないですが、エンジニア / デザイナー / ディレクターなど、様々な職種に対応しているエージェントです。

joBeet(ジョビート)



21. BIGDATA NAVI(ビッグデータ ナビ)


副業・複業案件_BIGDATA NAVI


【BIGDATA NAVI(ビッグデータ ナビ)の特徴 】
  • 週1日〜の案件がある。
  • リモートの案件もあり。
  • 全部で388件の案件が登録されている(2019年3月時点)。




【対応している職種:】エンジニア / データサイエンティスト・アナリスト / ビジネスアナリスト など



エンジニアだけでなく、データサイエンティストやアナリストなどの案件も紹介しているレアなエージェントです。AI/ビッグデータ系の案件に興味がある人はチェックしてみてください。

BIGDATA NAVI(ビッグデータ ナビ)



22. PMO NAVI(PMO ナビ)


副業・複業案件_PMO NAVI


【PMO NAVI(PMO ナビ)の特徴 】
  • 週1日〜の案件がある。
  • リモートの案件は少ない。
  • 全部で282件の案件が掲載されている(2019年3月時点)。




【対応している職種:】ITコンサルタント / ERPコンサルタント / 業務コンサルタント / アーキテクト など



PM/PMO、ITコンサルティング、業務コンサルティング案件に特化した数少ないエージェントです。ハイレベルで高単価な案件を中心に紹介しています。案件内容を見てみると勤務条件などが調整可能になっているものも多いので、気になるものがあればチェックしてみてください。

PMO NAVI(PMO ナビ)



23. Goodpatch Anywhere


GoodpatchAnywhere


【Goodpatch Anywhereの特徴:】
  • フルリモートの案件だけに特化。
  • リモートワークでも単価は下げず、通常プロジェクトと同水準の単価で進められる。
  • スタートアップ / 大企業 / 新規事業 / アプリ / ウェブなど、プロジェクトが多岐にわたる。




【対応している職種:】UI・UXデザイナー / エンジニア / プロジェクトマネージャー / エンジニア



UI・UXデザインで有名なGoodpatchという会社の募集で、Goodpatchに依頼される様々な案件の中から、希望者にリモートワークの仕事を依頼する仕組みになっています。

Goodpatch



24. BizGROWTH(ビズグロース)


BizGROWTH(ビズグロース)


【BizGROWTH(ビズグロース)の特徴:】
  • リクルートが運営する副業希望者向けのサービス。
  • リモートやオンラインで対応できる案件もあるが数は少ない。
  • 相談やアドバイスする案件など、比較的ライトな案件がある。




【対応している職種:】ライター / WEBマーケター /SEOコンサルタント/ ITコンサルタント/ PR・広報 など



副業希望者を対象にしたリクルート運営のサービスです。案件の数はまだ少ないですがSkypeを使っての相談など、1~2時間アドバイスを行うような仕事や、広報の戦略を練るなど、他のサービスではなかなか見ないような案件もあります。

BizGROWTH(ビズグロース)



25. UPTORY(アプトリー)


UPTORY(アプトリー)



【UPTORY(アプトリー)の特徴:】
  • リモートワークに特化したエンジニア向けの案件紹介サービス
  • 仕事の割合:WEBシステム45%、アプリ開発(ios/Andoroid)35%、ホームページ制作20%
  • 新規事業の開発が多い。




【対応している職種:】 エンジニア / マークアップエンジニア など
 


エンジニア向けにリモートワークの案件専門に紹介している福島のベンチャー企業のサービスです。公開されている案件の数は少なめですが、地方の企業の依頼など、他のサービスにはない案件が掲載されています(非公開案件もあり)。

ちなみに登録する際の面談は、遠方からSkype等のテレビ電話を使って行う事も可能です。

UPTORY(アプトリー)



26. techcareer freelance(テックキャリアフリーランス)


techcareer freelance(テックキャリアフリーランス)




【techcareer freelance(テックキャリアフリーランス)の特徴:】

  • エンジニアやデザイナー向けの案件に、一部リモートOKの案件や週2~3日勤務OKの案件あり。
  • 実務未経験者OKの案件もある。
  • 幅広い職種の求人に対応している。




【対応している職種:】 エンジニア / WEBデザイナー / UI・UXデザイナー / WEBディレクター・プロデューサー / 編集者・ライター / マーケター / コンサルタント などなど
 


2019年4月時点で、紹介している案件数は約1500件ですが、エンジニアやデザイナーだけに限らず、ライターやマーケターまで幅広い職種の案件を紹介しています。あとフリーランス向けのエージェントですが、実務未経験者向けの求人も募集しています。

techcareer freelance(テックキャリアフリーランス)



27. ふるさと兼業


ふるさと兼業




【ふるさと兼業の特徴:】

  • 地方の仕事だけを掲載していて、基本的に共感をベースに応募することになっている。
  • 基本的に全てリモートOKで、週1日〜OK、すきま時間OK、時短OK、早朝・夜間OKなど自由度の高い案件が多い。
  • 募集している職種の種類が幅広い。




【対応している職種:】 リサーチ・コンサルティング / 営業・カスタマーサポート / 商品企画・クリエイティブ / マーケティング / 広報・PR / デザイン編集・ライティング / IT・WEBサービス開発 など
 


ふるさと兼業は、地方の仕事に興味がある人で、働き方の自由度が高い案件を探している人に向いているサービスです。掲載している案件の数はまだ少なめですが、働き方の自由度はどの副業サービスよりも高いです。やりがい重視で副業したい人はチェックしてみてください。

ふるさと兼業



28. Skill Shift(スキルシフト)


Skill Shift(スキルシフト)



【Skill Shift(スキルシフト)の特徴:】

  • ふるさと兼業と同じで地方の仕事だけを掲載。副業で地域貢献したい人向け。
  • リモートOK、基本メールでOK、働き方を相談して決定など、自由度の高い案件が多い。
  • 募集している職種の種類が幅広い。




【対応している職種:】 リサーチ・コンサルティング / 営業・カスタマーサポート / 商品企画・クリエイティブ / マーケティング / 広報・PR / デザイン編集・ライティング / IT・WEBサービス開発 など
 


Skill Shiftも、先程のふるさと兼業と同じく、地方の仕事に興味がある人で、働き方の自由度が高い案件を探している人に向いているサービスです。掲載されている案件の数は2019年時点で約160件ほどあります。

リモートOKの案件があるのはもちろんですが、働き方をお互いに相談して決定する案件も多く、自由度が高いです。

Skill Shift(スキルシフト)



29. eichiii works(エイチワークス)


eichiii works



【eichiii works(エイチワークス)の特徴:】

  • フルリモートOKの案件あり。
  • 週2日から勤務OKの案件やCTO募集の案件などもあり。
  • 募集している職種の種類が幅広い。




【対応している職種:】 エンジニア / WEBデザイナー / WEBマーケター / WEBディレクター・PM / ライター / 営業 / 企画 / コンサル / 人事 / 経理 など
 


eichiii worksはフリーランス向け中心に案件を紹介しているサービスです。ちなみにeichiii worksを利用する場合、企業と直接契約を結ぶ形になり、継続する場合の手数料は無料なので、より高単価の案件が期待できそうです。

eichiii works(エイチワークス)



30. A-STAR(エースター)


A-STAR(エースター)



【A-STAR(エースター)の特徴:】

  • リモートOKの案件が多め(100件以上ある)
  • 週2日から勤務OKの案件もあり。
  • 週4日の案件は100件以上ある。




【対応している職種:】 エンジニア / WEBデザイナー / WEBディレクター・PM / イラストレーター / シナリオライター / WEBマーケター など
 


A-STARもフリーランス向けに案件を紹介しているエージェントです。案件数が比較的多めで、2019年4月時点で案件は全部で1万8000件あります。

A-STAR(エースター)



ランサーズ_初心者_プロフィール

ランサーズを始めたばかりの初心者の方で、とりあえず登録はしてみたものの、何をすればいいか分からないという人は、まずはプロフィールの記入から始めてみましょう。出来るだけ早いほうがよいです。

今回は、なぜ早めに初心者がプロフィールページを充実させるべきなのか、その理由について、詳しく説明していきます。


ちなみにこれを書いている私は、

  • ランサーズの利用歴は3年。
  • ランサーズで稼いだ金額のトータルは約550万円。
  • 毎月平均して20万円ほどランサーズで稼いでいる。


こんな感じのランサーズユーザーです。

「プロフィールをしっかり記入しておいてよかった!」と感じた実際の経験も紹介しながら説明していきます。



そもそもプロフィールにはどういう役割があるの?

ランサーズ_プロフィールページ

プロフィールは自分の経歴やスキルなどが分かりやすくまとめられたページのことです。登録しているユーザーそれぞれにページが割り振られていて、上の画像のようにランサーズの社長さんも自分のプロフィールを公開しています。


このプロフィールが見られる場面は、

  • 募集に提案があった際にどんな人か確認するために見る
  • お客さんが依頼したい人を直接探す際に見る


大きくこちらの2つに分けられます。

募集に提案してもらうか、それともお客さん自ら依頼する人を探しに行くか、だけの違いですが、要は求めるスキルや経験を持っているか確認するためにプロフィールを見るわけです。



特に重要なのは後者!


ちなみにこの2つのうち、特に重要なのは後者の「直接お客さんが依頼する人を探すパターン」の方です。 仕事の数が増えるのはもちろんですが、お客さんに直接仕事を依頼して貰えると高単価の仕事を貰える可能性がアップするからです。

ちなみに、先日プロフィールを見て直接依頼をくださったお客さんの提示価格は1文字あたり2円で、なおかつその案件にしっかりと取り組んだところ、内容を評価してくださり、他の案件も一緒に紹介してくれました。





自分以外にもこんな風に直接依頼から高単価の仕事を受注している人は結構いるので、本当にしっかりと対策すべきです。一回しっかりとしたものを記入すれば当分メンテナンスする必要もないので、コスパもよいです。

ちなみにこれは、ランサーズだけでなくクラウドワークスに関しても当てはまる事です。 



その中でも特に初心者!

ランサーズ_プロフィール_重要な理由

もちろんプロフィールは全員充実させるべきなのですが、その中でも特に初心者の人は、必ずしっかりと記入するべきです。プロフィールを充実させておけば、ショートカットで売り上げを一気に増やせる可能性があります。

というのも、初心者はランサー検索で優遇される仕様になっているからです。

お客さんが依頼する人を探す際に利用する「ランサーを探すページ」の検索結果の順位は、以下の項目を基準にして決定される仕組みになっています。

▼順位変動要素(順不同)
プロフィール文と検索内容の一致度 | 経歴・資格・スキルの登録数 | プロフィール名での氏名表示 | 顔写真の掲載 | 希望時間単価 | ランサーズ上でのアクティブ率 | 提案数 | ランク | メッセージの返信率 | 過去の受注カテゴリ | 過去のカテゴリ内の平均報酬額 | 受注数 | 報酬総額 | 直近の報酬総額 | ランサーズストアの出品数 | 評価 | プロジェクト完了率 | タスクの承認率 | 直近ご登録いただいているユーザー

ランサー様へ:「ランサーを探す」の順位ロジック変更について より


一番最後の項目に「直近ご登録いただいているユーザー」と表示されていますよね。

自分で実際に具体的なキーワードでランサーを検索すると分かりますが、登録して一週間も経っていない実績が一桁の初心者が1ページ目の上位の方に表示されているケースもあります。


もちろん1ページ目に表示されないと直接依頼がもらえないわけではなく、あくまでもプロフィールに記載する文言が大事です。

しかし私達が普段Google検索を利用するのと一緒で、あまり深いページまで検索結果を見る人は少ないので、出来るだけ上位に表示される方がたくさんの人に見てもらえる可能性がアップして、有利になります。


ちなみに上で引用したそれぞれの項目に沿ってプロフィールを作成していくわけですが、検索結果の上位に表示されるために特に大切なポイントは 「本名」 「顔写真の登録」の2つです。

これをやるだけでもかなり検索結果が変わってくるはずです。



実際にこのような例もあります。

自分も実際にそれぞれの要素がどれくらい影響あるのか調べてみた事があるのですが、同じように「本名」と「顔写真の登録」はかなり重要になると踏んでいます。優先度絶対に高いはずです。

調査した詳細はこちらにまとめていますので、チェックしてみてください。

【実験済み:】ランサーズの検索結果で上位に表示されるための秘訣


ちなみに1ページ目ではなく、2ページ目に表示される形でも依頼は貰えます。私が上で紹介した直接依頼の例も、あるキーワードで2ページ目の真ん中より下に表示されていて、そこから依頼につながりました。



お客さんが検索から直接依頼するまでの流れについて


以下の3つは、お客さんがランサーを検索して、実際にそこから直接依頼するまでの流れを整理したものです。これらをもとに、プロフィールを作成する際のポイントについて説明していきます。

  1. ランサーを探すページで職種を選ぶ。
  2. 検索キーワードを打ち込み、そこからキャッチコピーや説明を読む。
  3. プロフィール詳細ページの内容から、実際に依頼するかどうか判断する。

ちなみに実際に自分に依頼して下さったお客様に、どのように自分の事を見つけて、なぜ依頼しようと思ったのか聞いた際も、これとほぼ同じ結果になりました。



1. ランサーを探すページで職種を選ぶ。


ランサーズ_ランサーを探す_職種

記事制作を依頼したいなら「ライター」、アプリ開発などを依頼したい場合は「エンジニア」というように、基本的にお客さんは職種から選ぶのが一般的です。

※まれにページ上部にあるランサー検索の検索ボックスに直接キーワードを入力する場合もあり、その場合は次の2番からスタートです。



2. 検索キーワードを打ち込み、そこからキャッチコピーや説明を読む。

ランサー検索_検索キーワード

職種を選んだら、次は「書いて欲しいテーマ/ジャンル」のキーワードで検索をかけて、そこから実際に依頼する人を絞り込みます。

例えば、お客さんが「美容」についての記事をかける人を探している場合は、上の検索ボックスに「美容」「脱毛」「美白」など美容に関連しているキーワードを入力して検索をします。

ランサー検索結果の画面


そうするとこんな感じで、入力したキーワードに関連するランサーが、検索結果に一覧で表示されます。そして一覧に表示されたそれぞれのプロフィール文を読み、もっと詳しく知りたいと思えば「続きを読む」をクリックします。

つまり、ここでクリックされるかどうかが最初の第一関門になるわけで、私達ランサーは、自分の詳細ページをしっかりと読んでもらえるようにキャッチコピーを工夫したり、検索結果に表示される最初の3行を工夫する必要があるわけです。



【ポイント:】

お客さんが何を知りたくて検索しているか、どういう情報をお客さんに与えれば興味をもってくれるのか。これらのポイントを抑えた上で、出来るだけ具体的にPRする事がポイント。

例えば…
  • 転職・就職のジャンルが得意です。
  • ライター歴10年!人事の経験を踏まえて転職・就職について書きます。

とあった場合、後者のようなアピールをする方が、興味を持ってもらいやすい。





3. プロフィール詳細ページの内容から、実際に依頼するかどうか判断する。

ランサーズ_プロフィール詳細ページ

上のキーワード検索から、自分のプロフィールに興味を持ってもらう事に成功したら、お客さんが次にする事は、プロフィール詳細ページに進んで、より詳しい情報をチェックする事です。

上の画像で表示されている「サマリー」の箇所を充実させるのはもちろんですが、それ以外の「ポートフォリオ」「スキル」などの項目もしっかりと埋めておくほうがいいです。


【ポイント:】

検索結果の画面に表示されるキャッチコピーと3~4行くらいの説明で、まずはお客さんに興味をもってもらい、そのあとプロフィール詳細ページでしっかりと詳細を説明する、という流れを意識しましょう。












まとめ




こちらの意見にもあるように、直接お客さんから依頼をしてもらった際や、提案が通った際に、なぜ自分を選んでくれたのか確認することをオススメします。

お客さんが特に見ているポイントがピンポイントで把握できると、さらに依頼が貰えるように、プロフィールをブラッシュアップする事ができます。



ちなみに、ランサーズからの振込先を楽天銀行の口座にするだけで年間最大で9600円分手取りが増えます。

この仕組みの詳細やデメリットについては、こちらの記事で詳しく説明しているので、チェックしてみてください。口座は最短1分で作成できます。

年間最大で9600円:ランサーズやクラウドワークスは楽天銀行がお得!ただしデメリットも


なお、手数料はクラウドワークスに関しても同様なので、どちらも利用している場合はなおさら楽天銀行がお得です。



ランサーズで月に5万円稼ぐ

今回は、ランサーズで出来るだけ早く5万円稼ぐための方法について紹介していきます。

ちなみに今回紹介するのは、

  • 自分がランサーズで月5万円稼ぐのにかかった時間
  • ランサーズで月5万円稼ぐために具体的にやった事
  • 初心者がランサーズで出来るだけ早く月5万円稼ぐために大切なポイント
  • 5万円からさらにレベルアップして10万円稼ぐために大切なこと


こんな感じの内容です。


ちなみに主にライター向けの内容ですが、2つ目以降のポイントはエンジニアやデザイナーの人にも当てはまるものなのでぜひ参考にしてみてください。

なおこれを書いている私は、

  • ランサーズの利用歴は3年で主にライターの仕事を約200件ほど受注。
  • 3年間でトータル稼いだ金額は約540万円ほど。
  • 毎月平均して20万円ほど稼いでいる。


ランサーズでの3年間の報酬
こんな感じのランサーズユーザーです。



自分がランサーズで月5万円稼ぐのにかかった時間

ランサーズ_月5万円_稼ぐ

上のグラフは、ランサーズを始めてから4ヶ月目までに得た報酬の変化を表したものです。

ランサーズ_最初数ヶ月の報酬

具体的な金額はこちらの通りです。

  • 報酬:3万円(内システム利用手数料は6000円)
  • 報酬:7万7820円(内システム利用手数料は15,564円)
  • 報酬:17万837円(内システム利用手数料は33,457円)
  • 報酬:17万5021円(内システム利用手数料は31,870円)


結論から言うと、 ランサーズを始めて2ヶ月で、5万円の壁はクリアーできました。より正確に言うと、報酬7万7820円からシステム利用手数料の15,564円をマイナスして、約6万円くらいの報酬をゲットできました。



ランサーズで月5万円稼ぐために具体的にやった仕事


ランサーズ_毎月5万円_稼ぐ

月5万円稼ぐために具体的にやった仕事ですが、ランサーズの管理画面から過去の報酬履歴を見てみると、

  • 1記事800〜1500円のお得/節約情報の記事作成(約1万3000円分。)
  • 1記事800円くらいのパソコン関連の記事作成(約4万1000円分。)
  • マーケティング関連の記事作成(約8000円分。)

こんな感じの案件を担当していました。

ちなみに1文字あたりの単価は0.8円〜1円くらいで、文字数で換算するとトータル約8万字位書いていたようです。

3つの案件のうち、上の2つは趣味や知っていることをもとに書くものでした。



必要な時間を計算してみる


ランサーズで月5万円に必要な時間

1日あたりどれくらい時間を確保すれば、この金額を達成できるのか知りたいですよね。

あくまでも目安ですが、1時間あたり1,000文字くらいタイピング出来れば、1ヶ月あたり80時間ランサーズに時間を使うと達成できます。

時間の配分は人によって様々ですが、月〜金曜日に毎日2時間ずつ、土日に5時間ずつ時間を確保できれば1週間に20時間になるので、×4週間で80時間になります。


ただ、これがもしも1時間あたり2,000文字タイピングできる場合は単純に必要な時間が半分になるので、1ヶ月あたり40時間で達成できます。こうなると土日に5時間ずつ作業するだけでも達成できますし、平日に毎日2時間ずつ作業するスタイルでも達成できます。

あくまでも目安ですが、何も調べず自分の知識などをベースに書けるジャンルの案件に絞り、タイピングの速さが平均くらいのスピードだと、1時間に1,500~2,000文字くらいは書けると思います。

あまり作業する時間が取れないという人は、案件選びを工夫したり、空いてる時間を使って自分が担当するジャンルの知識をたくさん仕入れることが重要です。

タイピングスピードは記事を書いていれば黙っていても上がっていくので、自然と作業効率はアップしていくはずです。



初心者がランサーズで出来るだけ早く月5万円稼ぐために大切なポイント


初心者_ランサーズで毎月5万円

あくまでも自分の経験からの意見になりますが、出来るだけ早くランサーズで月5万円達成するためには、

  1. タスクではなくプロジェクトの案件を受注する。
  2. お客さんに提案した内容が採用される事
  3. 文字単価の事

この3つを特に意識する事が大切です。


1. タスクではなくプロジェクトの案件を受注する。


ランサーズ_プロジェクト
まず前提として、タスクではなく、プロジェクトの案件に提案する方が稼ぎやすいです。タスクは簡単な作業中心のものが多く取り組みやすいのですが、その分単価は低いです。

最初にタスク形式の仕事をやってランサーズの仕組みに慣れたりするのはありだと思いますが、出来るだけ早くたくさん稼げるようになりたい人や、あまり作業する時間を確保できない人はプロジェクト中心に仕事するほうがいいと思います。


2. お客さんに提案した内容が採用されるために大切な事


ランサーズ_提案_コツ

プロジェクト形式の場合は、複数いる応募者の中から、まずはお客さんに自分の提案を選んでもらう必要があります。そうしないと仕事をスタートしてお金をもらうことが出来ません。

特にランサーズを始めたばかりの初心者の人は、ランサーズ上での実績がないので、提案する際に今までに作成した記事のサンプルこれまでの経歴の2つを整理して、しっかりと自分をアピールする事が大事です。

繰り替えしますが、初心者は、記事のサンプルとこれまでの経歴の説明が本当に重要です。もしも記事のサンプルがない人は、まずは応募用に自分でそのテーマの記事を作成してから応募しましょう。

提案する前にこちらの記事もチェックしてみてください。

ランサーズのプロジェクトで提案が採用されるための5つのポイント


3. 文字単価の事


ランサーズ_文字単価

最後は文字単価の事です。


出来るだけ文字単価1円以下の案件は受けない。


これはあくまで個人的な意見ですが、案件を選ぶ際は、出来るだけ文字単価1円以下の案件は受けないようにしましょう。それだと提案できる案件が少なすぎて困るという場合でも、0.8円以下のものは受けないほうがよいです。

ランサーズの平均文字単価

この画像のように、ランサーズでもお客さんに平均的な文字単価は公開しているのですが、これよりも低い単価で依頼されていたりするケースもよくあります。

もちろんいくら文字単価が高くても、時給換算した時に単価が低くなってしまうと意味がないのでの注意しましょう。一番の理想は文字単価が高くて、スラスラ書ける案件を受注する事です。


プロフィールは必ずしっかりと記載しておく。


ランサーズ_5万円_プロフィール
プロフィールをしっかりと記載する事は、提案した内容を通す上でも大切な事なのですが、しっかりと記載しておくと、お客さんから直接仕事の依頼をもらえるので有利になります。

ランサーズでは、お客さんから直接依頼される仕事の方が高単価になりやすい傾向があります。特に初心者はランサー検索でより優遇されやすいので、プロフィールは必ず充実させておくようにしましょう。  

プロフィールを書く際のポイントも整理していますので参考にしてください。

ランサーズのプロフィールを書くポイント(約200件受注の例文も)



5万円が達成できたら次は月10万円を目標にしよう


ランサーズで月に10万円
5万円が達成できれば10万円もすぐです。


文字単価1円の仕事の場合、10万円を達成するのにかかる時間は?


まずは試しに、文字単価1円の仕事を受注して10万円を達成するには、どれくらい時間がかかるのか計算してみましょう。

文字単価1円の案件で10万円の報酬を得るためには単純に10万文字の文章を作成する必要があります。 1時間あたりに作成できる文字数を1500文字とすると 1ヶ月あたりに必要な作業時間は、

10万文字 ÷ 1500文字 = 約66時間

になります。

1ヶ月を4週間とすると1週間あたりに必要な作業時間はトータル16.5時間になります。平日月曜〜金曜までの5日間で毎日3~4時間ほど時間を確保するか、土日に8~9時間ずつ時間を確保する必要があります。

案件を継続して受注したり、いくつか並行して案件をこなすなど大変な部分もありますが、これくらいの時間なら、なんとかいけそうな気がしませんか?

なんとなくの感覚ですが、自分だけに限らず、Twitterで色々な人の意見を見ていると、5万円を達成出来れば、その後トントン拍子で10万円を超えていく人が多い気もするので、なんとか5万円を達成してやる!という気概で、頑張ってみてください。

こちらの記事もチェックしてみてください。

ランサーズ初心者向け:知っておくと有利になる5つのポイント!

ランサーズでたくさん稼ぐために知っておきたい7つのコツ!



ちなみに、ランサーズからの振込先を楽天銀行の口座にするだけで年間最大で9600円分手取りが増える事も大事なポイントです。仕組みの詳細やデメリットについては、こちらの記事で詳しく説明しているので、こちらもチェックしてみてください。口座は最短1分で作成できます。

年間最大で9600円:ランサーズやクラウドワークスは楽天銀行がお得!ただしデメリットも


なお、手数料はクラウドワークスに関しても同様なので、どちらも利用している場合はなおさら楽天銀行がお得です。

リモート案件_ランサーズ_エージェント
デザイナー、エンジニア、マーケターなど、ライター以外の職種の人で、フリーランスや副業としてある程度まとまった金額を稼ぎたいと考えている人は、ランサーズやクラウドワークスなどのサービスに登録しつつも、フリーランスや副業向きのエージェントを中心に使う事をオススメします。

今回は

  • エージェントなどのサービスをオススメする理由
  • エージェントを利用するメリット・デメリット
  • オススメのエージェントやサービスについて


紹介していきます。できれば在宅などでリモート勤務可の案件を探したいフリーランスや本業に差し支えない範囲で可能な副業を探している人は参考にしてみてください。 自由度が高めの案件が見つけられるサービスや探す方法を中心に紹介していきます。


ちなみにこれを書いている私は、ランサーズの利用歴は3年で、稼いだトータルの金額はトータル約550万円ほどです。

ランサーズ_リモート案件_フリーランス向けのエージェント


最近はライティング中心ですが、過去にランサーズで何度かデザインの案件を受注した経験もありますし、実際にフリーランスとして働くエンジニアの意見をもとに、今回の内容について詳しく説明していきます。



エージェントなどのサービスをオススメする理由


フリーランス向けのエージェント_オススメする理由
最初に言っておくと、ランサーズがダメという事ではまったくありません。ライターの場合はランサーズだけでも比較的安定して稼ぐ事が可能ですが、エンジニアやデザイナーなどの職種の人はランサーズやクラウドワークスも利用しつつ、一緒にエージェントを利用するほうがよいです。


ランサーズはデザイナー・エンジニア・マーケター向けの案件が少ない


というのもランサーズなどのサービスは案件が少なめで、これだけだと収入がなかなか安定しにくいからです。

ランサーズではライター向けの案件が圧倒的に多く、エンジニア / デザイナー / マーケター向けの在宅案件の数はかなり少なめになっています。特にこれらの職種のフリーランスの場合は、これだけで生活するだけのお金を稼ぐのはかなり難しいです。

ライター向けの案件が1058件(2018年12月時点)あるのに対して、エンジニア / デザイナー / マーケター向けの案件は、

  • システム開発・運用:103件
  • デザイン・Web制作・Webデザイン:526件
  • マーケター:32件


これくらいしかありませんでした。



「いくらなんでもこの価格はないでしょ…」と思ってしまうような破格の値段で依頼されているものも、実際に多めです。

ただ一方でまれにおいしい高待遇の案件も紛れていたりするので、他のサービスと並行して定期的にチェックしておく方がいいです。

フリーランスや副業(複業)向き!リモートに対応してる22個の求人サービス



エージェントを利用すると収入が安定しやすい


フリーランス向けのエージェント_収入安定

エージェントを利用するほうが案件の数が多いですし、単価もしっかりとした案件が多いです。収入を安定させるという事に関していえば、エージェントなどのサービスメインで利用する方が、絶対に楽に稼げます。

エージェントを利用するメリットは他にもたくさんありますので、デメリット含めて整理していってみましょう。



フリーランスや副業希望者が、エージェントを利用するメリット・デメリット


フリーランス_副業希望者_エージェント_メリット・デメリット

エージェントを利用するメリット


エージェントを利用するメリットは大きく以下の5つに分けられます。

  1. 開発や制作だけに集中できる。
  2. 報酬アップなどの交渉も、自分の代わりにしてくれる。
  3. WEB上には公開されていない非公開の案件を紹介してもらえる。
  4. 納品単位ではなく時間単位で報酬が計算される。
  5. サポート制度が充実している。



1. 開発や制作だけに集中できる。


フリーランスの場合は、案件獲得のために営業をしたり、お客さんに技術的な説明をしたりなど、開発や制作以外にもやる事がたくさんありますが、エージェントを利用すればそういった業務から解放される事が可能です。

案件が途切れないように、自分の代わりにエージェントが営業してくれますし、契約書や請求書の作成なども代わりに担当してくれるため、開発や制作だけに集中する事ができます。


2. 報酬アップなどの交渉も、自分の代わりにしてくれる。


ちなみにエージェントは報酬金額の交渉も、自分の代わりに担当してくれます。エンジニアやデザイナーの報酬がアップすれば、そのままエージェントの報酬も増えることになるので、手を抜かず、最大限高い報酬になるように頑張ってくれます。

こういったお金の交渉はなかなかし難い事ですし、苦手な人も多いと思います。


3. WEB上には公開されていない非公開の案件を紹介してもらえる。


エージェントを利用すれば、WEB上の案件検索ではヒットしない、非公開の案件を紹介してもらうことも可能です。非公開の案件は面白いものや単価が高いものが多いのでやりがいも大きいです。


4. 納品単位ではなく時間単位で報酬が計算される。


ランサーズやクラウドワークスの場合、基本的には求められたシステムやデザインなどを納品しない限り、報酬はもらえませんが、エージェントの場合は働いた時間に応じて報酬をもらうことができるので、自分一人が抱える負担が、少し小さくなります。

特に副業として案件を探している人にとっては、本業と副業の仕事を両立させる事はかなり大変なので、このように働いた時間で報酬が計算されるほうが断然働きやすいはずです。


5. サポート制度が充実している。


書籍代のサポートや経理などの事務処理をサポートするツールの割引きはもちろん、利用するエージェントによっては、案件が決まらなくても報酬を保証してくれたり、社会保険料を半額負担してくれるエージェントもあったりします。



エージェントを利用するデメリット


エージェントを利用するデメリット

一方のデメリットは以下の2つです。

  1. 常駐案件が多い
  2. 仲介手数料がかかる


1. 常駐案件が多い


エージェント経由での仕事は、実際に会社へ出社して仕事する常駐案件の方が多いというデメリットもあります。リモート可の案件や在宅勤務で対応できる案件は少ないです。

ただ、週2~3日の案件になると数が増えますし、最初の数ヶ月だけ会社に出社してそれ以降はリモートに切り替えることも可能です。

もしくはスキルに自信がある人なら、募集要項に記載がなくても、交渉によってリモートを許可してもらう事も可能なようです。

この辺はエージェントの担当者に協力してもらう方がいいので、登録する際に相談してみてください。



2. 仲介手数料がかかる。


エージェントを利用する場合、仲介手数料(マージン)がかかってしまう事もデメリットのひとつです。

例えば案件の価格が80万円で、マージンが10パーセントだった場合、自分の実際の取り分は72万円になります。直契約なら10パーセント分の8万円も、自分の報酬になるわけです。

ただし一方で、営業や契約書周りの事務手続きを代わりにしてもらっている料金と考えればある程度納得する事は可能です。

そもそも自分で案件を受注できるコネがないからエージェントを使ってるわけで、エージェントを利用しなければ報酬は0になります。独立したばかりの初心者の人にとっては特に、利用する価値が高いサービスです。

なお、マージンを公開していないエージェントが多いですが、あまりにも手数料が高すぎるエージェントと契約しないように注意してください。



エージェントは複数利用するほうがメリットが多い


banzai_people
ここから実際にリモート案件を多く紹介しているエージェントやサービスを紹介していきますが、エージェントは複数利用するほうがメリットが多いので覚えておいてください。複数のエージェントに登録する事で、エージェントの担当者に自分を対応する優先度をアップしてもらう事ができます。

エージェントの担当者には営業ノルマが課せられている


というのも、エージェントの担当者には営業ノルマが課せられていて、エンジニアを企業に紹介する事で自分の成績が決まる仕組みになっているのです。つまり、自分が担当しているエンジニアが、他のエージェント経由で案件を決めてしまうと、自分の成績にすることができません。

こういった仕組みが理由で、エージェントに複数登録していれば、自分の成績になるよう、報酬の交渉を頑張ってもらえたり、優先的に魅力的な案件を紹介してくれることが可能になります。

自分からわざわざ複数エージェントを利用していると伝えるのは印象が悪いですが、もしも聞かれた場合は隠さずに答えてしまって問題ありません。



リモート案件を多く紹介しているエージェントやサービス


フリーランス向け_リモート案件を多く紹介しているエージェントやサービス

ここからは、エージェントの中でも特にリモート案件や自由度の高い案件を多く紹介しているサービスを6つ紹介していきます。フリーランスと副業希望者どちらにも対応していて、もちろん全て無料で利用可能です。


レバテックフリーランス


一つ目のレバテックフリーランスは、フリーランスエンジニア向けのエージェントです。バックエンドやインフラエンジニア向けの案件だけでなくフロントエンドの案件もあります。

紹介している案件数が一番多い事と、支払いが15日サイト(月末締めの翌15日払い)で一番早い事の2つが特徴です。週5日の案件の方が多いですが案件数が多いので今回ピックアップしました。

リモート可のものなど、より柔軟に働ける案件を紹介してもらえないか、エージェントの担当者に相談してみてください。

レバテックフリーランス


IT PROパートナーズ


2つ目のエージェントは「IT PROパートナーズ」です。エンジニアだけではなく、デザイナーやマーケターなどの職種にも対応しています。週1日〜の案件を紹介していて、会社員の人でも登録可能です。

なお、数はまだ少なめですが、土日案件のみの仕事も登録されています。

IT PROパートナーズ


WorkshipAgent


WorkshipAgentもリモート可の案件をはじめ、週1~可能な案件や土日だけで対応可能な案件を紹介していて、エンジニアやデザイナーはもちろん、マーケター、ディレクター、ライターなど様々な職種に対応しています。

ちなみに来社して面談だけでなくオンラインでの面談にも対応しているので、地方の人でも利用可能です。まだ始まったばかりのサービスという事もあって案件の数はまだ少し少なめですが、今後増えていくはずなので早いうちに登録しておくようにしましょう。

WorkshipAgent


シューマツワーカー


シューマツワーカーは、フリーランスの人はもちろん、副業向きの案件を探している人に特にオススメのエージェントです。リモート勤務可の案件から土日だけの勤務でOKの職場など、様々な案件が登録されています。

他のサービスよりも自由度が高い案件が多く、1週間のうち10時間以上出勤すればOKという案件がおおかったりします。ちなみに職種もエンジニア、デザイナー、マーケターなど様々なものに対応していて、場所をまったく問わない、地方の人が対応できる案件もいくつかあります。

シューマツワーカー


Codeal(コデアル )


Codeal(コデアル ) は、色々なサービスの中でも特にリモートワークの案件を数多く紹介しているサービスです。職種も様々な種類のものに対応しています。

ちなみに報酬は高めですが、その分要求されるレベルも高くなるので注意しましょう。地方在住の人は特に有効活用したいサービスのひとつです。

Codeal(コデアル )


Reworker


Reworkerもリモート案件を探している人がチェックしておきたいエージェントのひとつです。エンジニアの案件が比較的多めですが、デザイナーやディレクターの案件もあります。

メールでの登録はもちろんですが、Facebookを使っての登録にも対応しているので、サクッと登録しておきましょう。

Reworker



上記以外の方法でリモートの案件を探す方法


リモート案件を探す方法

リモートで対応できる案件を探す方法は他にもあります。


Wantedlyを使って気になる企業にアプローチする


知人にWantedlyを使って知った気になる企業に、ホームページから直接連絡をとって案件を獲得した人もいます。

これまでの求人サイトとは違い、Wantedlyは興味や共感をベースに採用を行うサービスなので、スキル以外の部分をアピールしやすいのです。


Twitterやインスタを使って案件を獲得する


TwitterやFacebookなどのSNSを使って案件を獲得するのもひとつです。特にデザイナーはTwitterやインスタ経由で仕事をゲットする人が多いようです。









まとめ


nigirizushi_moriawase
ランサーズやクラウドワークスと並行しつつ、今回紹介したようなエージェントなどのサービスもうまく活用するようにすると、収入が安定しやすくなります。

案件を獲得できる経路やサービスが多くて困ることはないので、出来るだけ多くのサービスを利用するようにしましょう。



↑このページのトップヘ