2019年04月

LINE_ワンコイン投資


この記事では、LINEの「スマート投資」というサービスについて説明していきます。ちなみにLINEのスマート投資は「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の2つに別れていて、ワンコイン投資は500円から投資可能なサービスになります。

今回はこのサービスの特徴や利用するメリット、そして実際にサービスを利用した場合どれくらいお金を増やすことが出来るのかなどについて紹介していきます。



LINEの「ワンコイン投資」とは?


LINEスマート投資_ワンコイン投資

ワンコイン投資より


LINEの「ワンコイン投資」は、500円から積立投資ができて、投資の知識が全くない人でも、お金を貯金するような感覚で資産運用ができるサービスです。積立額と積立頻度だけ決めれば、後はすべておまかせの全自動で取引き出来ることが大きな特徴です。


※ ちなみにこちらの「ワンコイン投資」は「Folio」というオンライン投資サービスを基盤にしています。folioについては別途下で紹介しています。



LINEのワンコイン投資の特徴


ワンコイン投資の特徴


LINEのワンコイン投資の特徴は以下のようなポイントです。



  • 500円を積立するだけでバランスよく投資できる。
  • お金は毎回自動で引き落としされる。
  • 投資できる金額は500円〜上限の30,000円まで。



お金を貯金せずにその分を投資に回して、少しでもお金を増やしたいという人や、投資に興味はあるものの知識がなく、どうやって投資すればいいか方法が分からないという投資・資産運用初心者などに向いています。



LINEのワンコイン投資を利用した場合、どれくらい儲かるのか



ワンコイン投資_増える資産



  • 週1回:500円を3年間積立した場合、70%の確率で約1500円増える。
  • 週5回:500円を3年間積立した場合、70%の確率で約7000円増える。
  • 週7回:500円を3年間積立した場合、70%の確率で約1万円増える。


※ こちらの金額は、あくまでもシュミレーションによる予測のものです。


こちらの結果からも分かるように、LINEのワンコイン投資は少額での投資になるため、一気にたくさんお金が増えるわけではありません。



LINEワンコイン投資_シュミレーション


こちらは3年間・週5日、500円を積立てした場合のシュミレーション結果ですが、普通に貯金した場合の金額は39万円、ワンコイン投資で積立した場合の予想額(70%)は39万7330円〜なので、3年間投資しても、トータルで7330円分しかお金は増えません。


ただ、普通に貯金しているのと同じように、黙っているだけでお金が増える可能性があるので、全く意味がないわけではありませんし、投資や資産運用に興味がある人が、まずはどんなものか試してみたい場合などに特に向いていそうです。



ワンコイン投資を利用する際の流れ



ワンコイン投資を利用する際の流れ

LINEのワンコイン投資を利用する際の流れは以下の通りです。



  1. 証券会社FOLIOの口座開設(無料)
  2. LINEPAYに登録・利用開始(無料)
  3. LINEPAYに銀行口座を登録



ワンコイン投資を利用する場合、FOLIOの口座開設とLINE Payへの登録が必要になります。


「Folio」

ワンコイン投資



もうひとつの「テーマ投資」とは


LINE_テーマ投資

一方でもうひとつのテーマ投資は、企業ではなくテーマを選んで投資をするサービスです。ある特定のテーマを選ぶだけで、自動的に10社の有望企業の株式に分散投資される仕組みとなっています。

先ほど紹介したワンコイン投資のように、銘柄を選ぶ知識や大きな資金がない人でも投資・資産運用ができますが、テーマ投資の場合は投資額が10万円前後と、ワンコイン投資よりも高めなので、その分得られるリターンも大きくなります。



LINEの「テーマ投資」を利用すると、どれくらい儲かるのか


LINE_テーマ投資


LINEのテーマ投資で資産運用をした場合、具体的にどれくらいお金が増えるのかの目安ですが、現在のところ、3年前にテレビゲームのテーマに10万円投資をしていた場合、約73,000円儲かるシュミレーションになっています。

銀行に貯金していた場合、3円しか増えない試算なので、かなり大きな差ですし、最初に用意する金額が大きい分、ワンコイン投資よりもリターンが大きいのも特徴です。



LINE_テーマ投資_(ミニ)サイバーセキュリティー


ちなみに他のテーマの(ミニ)サイバーセキュリティーに20万円投資していた場合ののリターンは約25万円、



LINE_テーマ投資_メンズコスメ


メンズコスメのテーマに10万円投資していた場合は約65,000円のリターンが得られるシュミレーションになっています。



LINEのテーマ投資にはどんなテーマがあるのか


LINEテーマ投資_一覧


実際にLINEのテーマ投資に用意されているテーマですが、



LINEテーマ投資_ヘルステック


ヘルステック(3年で+63.8%)、



LINEテーマ投資_京都


京都(3年で+42.9%)、



LINEテーマ投資_渋谷


渋谷(3年で+29.7%)など、様々なテーマが用意されていて、



LINE_テーマ投資_人気ランキング



リターンが大きいテーマの人気ランキングなどもあります。


ちなみに(ミニ)サイバーセキュリティに関しては、100パーセント超えの「+125.2%」となっており、2倍以上リターンが得られる試算になっています。



1万円から投資できるミニテーマも


LINEテーマ投資_ミニテーマ


なお、期間限定ですが、いきなり10万円近く投資するのは無理という人向けに、1万円から投資できるミニテーマも用意されています。


一部テーマの種類と値段などを紹介しますと、



LINEテーマ投資_日本


「ようこそ日本へ」のテーマは11,008円で、ここ3年で+52.9%の伸び、




LINEテーマ投資_キャッシュレス


「キャッシュレス(ミニ)」のテーマは、11,300円で、ここ3年で+60.1%の伸び、



LINEテーマ投資_アンチエイジング



「アンチエイジング(ミニ)」のテーマは14,624円で、ここ3年で+112.6%の伸びとなっています。




LINEスマート投資と他のサービスとの比較



LINEスマート投資だけでなく、他の投資・資産運用サービスの特徴も簡単に整理してみます。



1. folio


folioとは


一つめは「folio」というサービスです。

LINEスマート投資はfolioというサービスを基盤にしたものですが、LINEスマート投資を利用する場合、folioの「おまかせ投資」は利用できません。


folio_おまかせ投資


ちなみに「おまかせ投資」とは、個別銘柄やテーマなども選ぶ必要がなく、一度運用を開始したらほったらかし資産運用ができる仕組みのもので、10万円から利用可能となっています。


folio_おまかせ投資



ちなみにおまかせ投資の場合、預けている資産の年率1%(税抜)分が手数料として発生し(3000万円を超える部分は年率0.5%(税抜))、もう一方のテーマ投資の場合は、取引手数料は0.5%(税抜)で1万円からスタートできます。




folio より





2. Wealth Navi(ウェルスナビ)


Wealth Navi(ウェルスナビ)


2つめは「 Wealth Navi(ウェルスナビ)」です。先ほど上で紹介したfolioのおまかせ投資と同じく、従来の資産運用プロセスがすべて自動化されたサービスで、最低10万円以上から利用できます。




具体的にどれくらい資産が増えるのかというと、シュミレーションでは、初期投資額100万円で毎月3万円を積み立てると、30年後元本の1180万円は、50%の確率で2,443万円以上になるとされています。


Wealth Navi(ウェルスナビ)_手数料


ちなみに手数料は年率1%(3000万円を超える部分は0.5%)で、最大0.90%まで手数料を割り引く長期割というものも用意されています。





Wealth Navi(ウェルスナビ) より




3. THEO(テオ)


 THEO(テオ)とは


THEO(テオ)というサービスも自動の資産運用サービスです。ちなみにこちらは毎月1万円から利用できます。


THEO(テオ)_シュミレーション


開始金額50万円で、毎月3万円ずつ積立をした場合、定期預金した場合の10年後の資産は410万円ですが、THEO(テオ)で資産運用すれば、いまのところ約570万円前後になるというシュミレーションになっています。


THEO_シュミレーション


なお手数料は、他のサービスと同じで基本年率1%(3000万円を超えた部分は0.5%)ですが、手数料を最大で0.65%まで引き下げる新しい手数料体系も用意されています。


THEO_手数料


THEO Color Palette(テオ カラーパレット) より





THEO(テオ) より



LINEのスマート投資の評判や口コミは?











3年スパンだとプラスだが、1年表示だとほとんどがマイナスになっているという意見をけっこうみかけたので、購入する際は注意するようにしましょう。













LINEスマート投資の特徴まとめ



最後にもう一度、LINEスマート投資を利用するメリット・デメリット、利用する際の注意点などをまとめておきます。




  • ワンコインの500円から投資が始められる。
  • テーマを選ぶだけで簡単に投資できる。
  • 普段利用しているLINEから利用できる。

  • ワンコイン投資の手数料は、預けている資産の年率1%(税抜)、3000万円を超える部分は年率0.5%(税抜)。最低運用手数料は100円(税抜)。ちなみに2020年4月24日までは無料。
  • テーマ投資の手数料は、売買代金の0.5%(税抜)。1銘柄の最低手数料は50円(税抜)。

  • 現在は3年スパンでの表示になっていて、すべてのテーマがプラスになっているが、1年スパンだとほとんどすべてマイナスになる可能性があるので注意。必ず儲かるわけではない。
  • 投資の知識がなくてもできるとはいえ、最初は少額で始めるほうがいいかも。3年表示だからプラスだけど、1年や1ヶ月表示だとマイナスになるとかは、調べてみないとわからないことだった。初心者の人は気が付けない人も多いかも。

  • 1万円から投資できるミニテーマは期間限定で、それ以外は10万円前後と初心者にはすこしハードルが高い。





Growth Tech_フリーランスエンジニア向けのエージェント

自社サービスを運営する企業や直取引の案件だけに特化した「Growth Tech 」というフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスがスタートしました。

月額100万円オーバーの条件がいい案件や、リモート・時短勤務OKの案件なども紹介されているようで、2019年4月時点で約350社ほどの案件が用意されています。



GrowthTechの特徴は?


GrowthTechの特徴


GrowthTechの主な特徴は以下のようなポイントです。



  1. エンド直受けや自社サービス運営企業の案件だけを紹介。
  2. 企業との面談は一回のみ。
  3. 多重請負ではなく直取引の案件だけを紹介しているので高単価のものが多い。
  4. オンラインでの面談も可能。
  5. 企業との面談には担当者も同席してくれる。
  6. 業務をした月の報酬が翌月末に支払われる。(前払い・立て替え制度なども用意中)
  7. 基本的にはエンジニア経験4年以上の人が対象で、それ以外の場合は紹介できる案件が少ない可能性がある。



ちなみにGrowthTech経由で仕事をスタートすると、お祝い金として全員に20万円が支給されるようになっています(最大20万円ではなく、全員に20万円を支払うかたちになっているようです)。

フリーランスエンジニアの人で、高単価の案件や自社サービス運営企業の案件を探している人は、サービスをチェックしてみてください。他のフリーランス向けのエージェント同様に無料で利用できます。


なお登録に必要なものは名前・メールアドレス・電話番号の3つだけで(スキルシートは任意)、登録してから3時間以内に必ず連絡をしてくれるそうです。

GrowthTech



ITPROトータルサポート

フリーランスエンジニア向けに案件を紹介しているITPROパートナーズが、フリーランス向けに様々な支援を行う「ITPROトータルサポート」というサービスをスタートしました。


今回はこの「ITプロトータルサポート」というサービスの特徴や、Lancersが提供している「Freelance basics」との違いなどについても整理していきます。



IT PRO トータルサポートとは?


ITPROトータルサポート

IT PRO トータルサポートより

IT PRO トータルサポートは、フリーランス向けに案件を紹介するのはもちろん、所得保障制度や確定申告代行、そして損害保険及び各種生命保険の相談など、フリーランスとして仕事をしていく際に便利となる様々な種類のサポートが、お得に受けられるサービスです。


ITPROトータルサポート_サービスラインナップ

このようにフリーランス向けのサービスがたくさんまとまっていて、中にはITプロトータルサポート経由でサービスを利用すると料金が割引きになるものもあります。


ITPROトータルサポートと連携している外部のサービス


ITPROトータルサポート_連携サービス


ちなみに、ITPROトータルサポートと連携している外部のサービスは今のところ全部で6つとなっていて、今後さらにラインナップは増えて行く予定となっています。



  • フリーランス協会の所得保障制度(休業時の保障、介護費用、賠償責任保障など。)
  • 確定申告代行サービス。
  • フィナンシャルプランナーによる無料相談(保険の見直しや生涯設計プランの相談など。)
  • 小規模企業共済・経営セーフティー共済(説明や申し込みのサポートが受けられる。)
  • 弁護士費用保険 Mikata(契約書の内容などについて弁護士への相談が月1回まで無料になる。)
  • AI-CON(契約書のリスクなどをチェックしてもらうためのサービス。)



※ このうち割引が受けられるサービスは「フリーランス協会の所得保障制度」と「AI-CON」の2つで、それぞれ共にITPROトータルサポート経由でサービスを利用すると、料金が1万円から半額の5000円まで下がります。

※ 確定申告代行サービスと弁護士費用保険 Mikataに関しては、ITPROトータルサポート経由で利用すると、特別プランや限定の特典が受けられるようになっています。



LancersのFreelance Basicsとの違いは?


ITPROトータルサポート_Freelance Basics


実はITPROトータルサポートだけではなく、Lancersも「Freelance Basics」という形で、フリーランス向けに様々なサポートを提供するサービスを運営しています。

両方フリーランス向けに便利でお得なサービスを1箇所にまとめて提供しているという点では一緒ですが、利用できるサービスの数がそれぞれ違い、ITPROトータルサポートはFreelance Basicsにないサポートを提供していたり、もちろんその逆もあるので、両方に登録しておくほうがいいかもしれません。


ちなみに今のところ、Freelance Basicsにはフリーランス向けのクレジットカードや、託児所サービスなども用意されていますが、一方でフリーランス向けの所得保障制度は、ITPROトータルサポートだけが提供しているサービスとなっています。

Freelance Basics(フリーランス ベーシックス)とは?特徴やメリットを紹介



今後さらに、それぞれ独自のサービスをラインナップに加えていくはずなのでひき続きチェックしておきましょう。ちなみにどちらのサービスも無料で登録できます。

ITPROトータルサポート



メルカリで副業


メルカリというフリマサービスがとても人気ですが、本当にけっこう簡単に商品が売れるようです。

特別なスキルがない人でも、中にはメルカリだけで10万円以上稼ぐ人もいるみたいです。何かいい副業ないかなーと検討中の人は参考にしてみてください。


1. 100円ライターセット


100円ライター_メルカリ


オイルが半分以上残っている、使用済みの100円ライター5個セット(300円)。

100円ライターセット


2. 缶ビール アサヒスーパードライ


缶ビール アサヒスーパードライ_メルカリ



景品でもらったアサヒスーパードライの缶ビール24缶が、4500円で売れた例もありました。ちなみにビールはけっこう他にもたくさん売れてます。 ビールに限らず、貰ったものの使い道がないという商品はいいかもしれませんね。

缶ビール アサヒスーパードライ



3. カップラーメンのセット


カップラーメンのセット_メルカリ


食品関連でいうと、カップラーメンのセット売り(7個セットで1,499)なんかもありました。カップラーメンやお菓子には、地域限定の商品なんかもあるので、そういうのもいいかもしれません。

ちなみに堅あげポテトの九州しょうゆ味は、12袋2500円で売れてました。

カップラーメンのセット



4. 未使用のフェイスタオル


未使用のフェイスタオル_メルカリ


出産祝いでもらった未使用のフェイスタオルもあります。

未使用のフェイスタオル



5. Iphoneの純正イヤフォン


Iphoneの純正イヤフォン_メルカリ



Iphoneを購入した時に最初から付いてくる純正のイヤフォンも人気でけっこう売れてます。こちらの方は1600円で取引きしてますね。

Iphoneの純正イヤフォン 



6. リクリートスーツ


リクリートスーツ


就活で使用したスーツなんかもあります。

リクリートスーツ 



7. トイレットペーパーホルダー


トイレットペーパーホルダー_メルカリ


トイレットペーパーホルダーもいけます。あとトイレットペーパーの芯を、工作の素材用として売っている人もいます。

トイレットペーパーホルダー より



8. 香水


香水_メルカリ


使用済みの香水もいけます。

香水 



9. ラジオレコーダー


ラジオレコーダー_メルカリ



ソニーのラジオレコーダーなんかになると、1万円以上出しても購入したい人がいるみたいです。ラジカセなんかもけっこう売れてます。

ソニーのラジオレコーダー 



10. タブレット端末


タブレット端末_メルカリ


Surface 3や、Ipadなどのタブレット端末も売れます。

タブレット端末 



11. ファミコンソフト


ファミコンソフト_メルカリ


スーパーファミコンのソフトや本などをまとめ売りしている人もいます。他にも3DSなどのゲーム機の本体も人気です。

ファミコンソフト



12. ゴルフバッグ


ゴルフバッグ_メルカリ


使用済みのゴルフバッグやゴルフクラブなんかも売れてます。

タブレット端末



メルカリで副業



スニーカー、服、財布、バッグ、楽器、CDなどはもちろんですが、まだまだ他にも「こんなモノまで売れるの!?」っていうのがたくさんあります。とりあえず思いついたモノを入力して検索するとほとんどの確率でヒットするはずです。

ちなみに会員登録しなくても商品は検索できるので、気になった人はサイトをチェックしてみてください。


メルカリ



ランサーズ_支払い_方法


今回はランサーズで仕事を依頼する際に、報酬の支払いに関して、事前に知っておくと役立つ以下のようなポイントについてまとめて紹介していきます。



  1. ランサーズで仕事を依頼する際の支払い方法
  2. ランサーズの仮払い制度について
  3. 源泉徴収機能や後払い機能について
  4. 依頼をキャンセルした場合の手数料について
  5. 領収証について
  6. 報酬を計算する際に便利なツール




ちなみにこれを書いている私はランサーズを約3年半利用していますが、お客さんとのやり取りを通して感じたことをベースにポイントを整理していきます。 



ランサーズで仕事を依頼する際の支払い方法


ランサーズで仕事を依頼する際の支払い方法

ランサーズでの支払い方法の種類は以下の5つです。



  1. クレジットカード払い
  2. PayPal払い
  3. デビット・プリベイドカード払い
  4. 銀行振込み
  5. 後払い



1.クレジットカード払い


ランサーズでの支払いに対応しているクレジットカードの種類は、VISA・JCB・MASTERCARD・アメリカン・エキスプレスの4つです。カードの利用日は支払いを確定した日になります。

ちなみにクレジットカードで報酬を支払う場合の上限額は1回につき10万円までとなっていて、10万円を超える場合は銀行振込を利用する形になります。


2. PayPal払い


ランサーズはPayPalの支払いにも対応しています。上限額はクレカと同じ10万円ですが、PayPalの場合は、クレカとは違って、仮払い(仕事が始まる前に必要な支払いのこと)をした日が利用日になります。


3. デビット・プリベイドカード払い


ランサーズの場合、デビットカードは利用できますが、プリベイドカードに関しては利用できないものもあります。


4. 銀行振込み


銀行振込みで利用できる銀行は、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の4つです。

ちなみに銀行振込みの場合は、依頼方法によって支払いのタイミングが変わり、コンペ・タスク方式の時は依頼時に、プロジェクト方式の時は発注時(依頼者の選定後)に依頼する形になります。

あと銀行振込みの場合は、代金の入金を確認してからの注文になり、1営業日ほど時間が必要となる仕組みになっています。


5. 後払いも可能


ランサーズの与信審査を通過した場合のみ、後払いが可能で、後払いの期限は支払いを確定(コンペの場合は当選の決定日)した翌月の末日までとなっています。

※ただ後払いの場合は、別途追加で5パーセントの手数料が発生するため注意しましょう。



こちらで紹介した支払い方法それぞれの詳細についてはこちらのページを参照してください。

支払いについて



ランサーズの仮払い制度について


ランサーズ _仮払い制度

ランサーズでは「仮払い制度(エスクロー払い)」という仕組みを利用して、仕事を進めていくことになっています。

通常の対面形式でのやり取りとは違い、依頼〜支払いまでの全てをオンライン上で完結させる事になるため、報酬の未払いを防ぐためにいったんランサーズに報酬を仮払いする仕組みになっています。

仕事が納品された段階で、ランサーズから担当者に正式に報酬が支払われ、もしも仕事が途中でキャンセルになった場合は、ランサーズの事務局からお金が返金される形になっています。



ランサーズで仕事を依頼する際に、事前に知っておきたいポイント


依頼者_事前に知っておきたいポイント"



ランサーズで仕事を依頼する際に、事前に知っておきたいポイントについてもまとめました。まずはこちらの3つのポイントをしっかりと覚えておきましょう。



  1. システム利用手数料について
  2. 源泉徴収機能について
  3. 依頼をキャンセルした場合の手数料について




1. システム利用手数料について


ランサーズを利用する場合、ランサーズに仲介手数料として、システム利用料を払う仕組みになっていますが、この手数料を依頼者側で負担してあげると喜ばれます。

例えば報酬の支払い額が1万円の案件でも、手数料込みの報酬になってしまうと、仕事を担当する側が実際に受け取る報酬は8000円まで下がってしまいます。

依頼者側が手数料まで負担する場合、支払う金額は12,500円まで増えることになりますが、手数料を負担できる場合は、依頼内容にその旨を書くと提案数が増える可能性が高いです。


システム手数料の計算方法は?


システム手数料の計算方法

システム手数料の計算方法を教えてください より


ちなみにシステム手数料は5〜20%に設定されており、上の画像のように、依頼金額が大きくなればなるほど、その分の手数料が下がる仕組みになっています。

※ ちなみに20万円を超えたら5%に下がるわけではなく、20万円から超えた分の支払い金額が5%になります。



例えば30万円の仕事を依頼した場合の手数料は全部で3万5000円になりますが、それぞれの内訳は以下のようなかたちになります。




【手数料の内訳:】

10万円以下の部分の支払い手数料は20%:2万円
10~20万円の部分の支払い手数料は10%:1万円
20万円以上の部分の支払い手数料は5%:5000円
合計:3万5000円





2. 源泉徴収機能について


ランサーズでは、仕事を依頼する際に、源泉徴収するかどうかを選ぶことができます。

方法も簡単で、依頼内容を入力していく際に「源泉徴収を行う」「源泉徴収を行わない」のどちらかを選ぶだけでOKです。

源泉徴収対応につきまして(クライアント様向け)


3. 依頼をキャンセルした場合の手数料について


ランサーズでは、依頼をキャンセルすると手数料が発生しますが、依頼方法によって支払う金額などが変化します。

コンペ方式の場合

コンペ方式の場合、提案が1件もない場合は手数料は発生しませんが、1件でも提案がある場合は、支払いが必要になり、依頼件数が増えるほど支払うキャンセル料金の金額も多くなります。



0件:手数料なし。
1〜4件:20%。
5~9件:30%。
10〜14件:40%。
15件以上:50%。



このように最大で50パーセントまでキャンセル料は増えます。依頼者も受注者も両方損をしてしまうので、依頼する前の段階で、しっかりと詳細をつめておくことが大事です。



プロジェクト方式の場合


プロジェクト方式の場合、募集中や選定中の段階だと、キャンセル料金は発生しませんが、当選者を決定した後のキャンセルは担当者に一度相談する必要があります。



ランサーズの支払い領収証や請求書などについて


ランサーズの支払い領収証や請求書について

ランサーズの領収証や請求書に表示される項目は、領収証・請求書ともに同じで「依頼番号、依頼タイトル、単価、数量、金額」の5つの項目が表示されます。


領収書には、どのような項目が表示されていますか?  より



報酬を計算する際に便利なツールの紹介


ランサーズ_報酬_計算_便利ツール


上で紹介したシステム手数料の計算方法に関連しますが、報酬を計算する場合に便利なツールがあるので紹介しておきます。報酬額を計算する際はこちらのツールを利用しましょう。


クライアント支払額・ランサー報酬額 計算ツール



ランサーズ_報酬の支払い額を計算する際に便利なツール


「自分が支払う金額」か「仕事を担当する人が受け取る金額」のどちらかを選んで、具体的な金額を入力すると、


ランサーズ _報酬の支払い額を計算する際に便利なツール


このようにそれぞれの場合に分けて金額を表示してくれます。毎回手打ちで計算するのは面倒だと思うので、覚えておきましょう。



↑このページのトップヘ