カテゴリ: フリーランス向けのサービス

Co-workation BASE(コワーケーションベース)


  • 海外や地方など、自分の好きな場所を転々としながら仕事がしたい。
  • 自分のスキルを使って地方の仕事に貢献したい。
  • 自然豊かな場所に移住して仕事とプライベートどちらも楽しみたい。
  • 多拠点生活に興味があるけれど、どうやってお金を工面すればいいか分からない。
  • 自由な働き方に興味はあるけれど、具体的に何をすればいいか分からない。



今回はこんな人に向けて「Co-workation BASE(コワーケーションベース)」というサービスを紹介していきます。



Co-workation BASEとは


Co-workation BASEとは

Co-workation BASE

Co-workation BASEは、世界中の様々な場所に泊まる他拠点生活をしながら、それぞれの地域で募集されているプロジェクトに参加して報酬を稼ぐサービスで、月額4980円から利用できるようになっています(サービスは2019年夏リリース予定です)。


Co-workation BASE_泊まれる場所

ちなみにサービスを利用すると上のような場所に泊まることができて、


  • 海が近い第二の家で、休日にサーフィンを楽しむ。
  • 世界中に家をもって、自由気ままに過ごしたい。
  • 自然豊かな場所でストレスフリーな生活がしたい。
  • 日本未発売の商品を発掘して販売するプロジェクトに関わる。
  • 沖縄でゆったりと生活しながら新しい観光をつくる。
  • 午前中:現地バンコクでミーティング。午後:東京の会社と電話会議。
  • 後継者を探している師匠から伝統工芸を受け継ぎ、自然の中での生活を楽しむ。



なおかつ、このような生活ができるようになるようです。

色々な所に住んで他拠点生活を楽しむことと、それぞれの地域のプロジェクトに参加することの両方がサービスのウリになっています。








Co-workation BASE を利用する際の流れ


Co-workationBASEを利用する際の流れ


  • それぞれの地域のプロジェクトオーナーが助けて欲しいことを登録する。
  • プロジェクトを探す(プロジェクトの内容・求める人材・期間・報酬など)。
  • 参加したいプロジェクトを選び応募する。
  • 打ち合わせを行う。
  • 受け入れ・参加の決定。



このような流れとなっています。



プロジェクトを募集したい人やゲストハウスのオーナーも募集中


ちなみに地域のプロジェクトに参加する人を探している人や、ゲストハウスやホステルのオーナーで、自分の宿を利用して欲しい人も募集しているようです。


  • 自分の町をもっと活性化させたい。
  • 人手が足りていない+協力してもらいながら新しい商品を開発したい。
  • 宿をリピートしてくれるお客さんを増やしたい。
  • お客さんが少ない季節があって困っている。
  • 単なる価格競争から抜け出したい。



ページ上で、それぞれプロジェクトの登録や提携相談が出来るようになっていますので、上のような悩みを抱えている人やサービスに興味がある人はチェックしてみてください。

Co-workation BASE



ITPROトータルサポート

フリーランスエンジニア向けに案件を紹介しているITPROパートナーズが、フリーランス向けに様々な支援を行う「ITPROトータルサポート」というサービスをスタートしました。


今回はこの「ITプロトータルサポート」というサービスの特徴や、Lancersが提供している「Freelance basics」との違いなどについても整理していきます。



IT PRO トータルサポートとは?


ITPROトータルサポート

IT PRO トータルサポートより

IT PRO トータルサポートは、フリーランス向けに案件を紹介するのはもちろん、所得保障制度や確定申告代行、そして損害保険及び各種生命保険の相談など、フリーランスとして仕事をしていく際に便利となる様々な種類のサポートが、お得に受けられるサービスです。


ITPROトータルサポート_サービスラインナップ

このようにフリーランス向けのサービスがたくさんまとまっていて、中にはITプロトータルサポート経由でサービスを利用すると料金が割引きになるものもあります。


ITPROトータルサポートと連携している外部のサービス


ITPROトータルサポート_連携サービス


ちなみに、ITPROトータルサポートと連携している外部のサービスは今のところ全部で6つとなっていて、今後さらにラインナップは増えて行く予定となっています。



  • フリーランス協会の所得保障制度(休業時の保障、介護費用、賠償責任保障など。)
  • 確定申告代行サービス。
  • フィナンシャルプランナーによる無料相談(保険の見直しや生涯設計プランの相談など。)
  • 小規模企業共済・経営セーフティー共済(説明や申し込みのサポートが受けられる。)
  • 弁護士費用保険 Mikata(契約書の内容などについて弁護士への相談が月1回まで無料になる。)
  • AI-CON(契約書のリスクなどをチェックしてもらうためのサービス。)



※ このうち割引が受けられるサービスは「フリーランス協会の所得保障制度」と「AI-CON」の2つで、それぞれ共にITPROトータルサポート経由でサービスを利用すると、料金が1万円から半額の5000円まで下がります。

※ 確定申告代行サービスと弁護士費用保険 Mikataに関しては、ITPROトータルサポート経由で利用すると、特別プランや限定の特典が受けられるようになっています。



LancersのFreelance Basicsとの違いは?


ITPROトータルサポート_Freelance Basics


実はITPROトータルサポートだけではなく、Lancersも「Freelance Basics」という形で、フリーランス向けに様々なサポートを提供するサービスを運営しています。

両方フリーランス向けに便利でお得なサービスを1箇所にまとめて提供しているという点では一緒ですが、利用できるサービスの数がそれぞれ違い、ITPROトータルサポートはFreelance Basicsにないサポートを提供していたり、もちろんその逆もあるので、両方に登録しておくほうがいいかもしれません。


ちなみに今のところ、Freelance Basicsにはフリーランス向けのクレジットカードや、託児所サービスなども用意されていますが、一方でフリーランス向けの所得保障制度は、ITPROトータルサポートだけが提供しているサービスとなっています。

Freelance Basics(フリーランス ベーシックス)とは?特徴やメリットを紹介



今後さらに、それぞれ独自のサービスをラインナップに加えていくはずなのでひき続きチェックしておきましょう。ちなみにどちらのサービスも無料で登録できます。

ITPROトータルサポート



formrunのメリットや特徴

今回は無料でお問い合わせや申し込みフォームの作成が出来る「formrun」というサービスの特徴や利用するメリットなどについて紹介していきます。


formrunは、フォームを簡単に作成できるだけではなく、お客さんが登録した情報の管理や、お問い合わせ対応まで全てformrun内で行うことが出来る、とても便利なサービスです。


今回はformrunに登録する方法から実際に管理画面を操作する方法まで、サービスの基本機能をひと通り紹介していきます。利用しようかどうか検討している人はぜひ参考にしてみてください。



formrunを利用するメリットや特徴。Googleフォームよりも優れているポイントは?


formrunを利用するメリットや特徴


  1. フォームの作成〜お客さんの情報の管理・対応まで、全てformrunだけで対応できる。
  2. HTMLやCSSを使って自由にデザインをカスタマイズ出来る。



formrunを利用するメリットや、同じフォーム作成サービスのGoogleフォームと比較して優れている所は、この2つです。



実際にformrunの無料プランに登録してサービスを利用してみる


formrun_登録


真ん中の「formrunを無料でスタート」から会員登録を行います。名前・アドレス・パスワードの3つを入力するだけですぐにサービスが使えるようになります。


formrun登録


さっそく使っていきましょう。

まずは最初にチームを作成するをクリックして、


formrun登録


チーム名を登録します。今回は「Test」にしました。


formrun設定


ちなみに formrunでは、このように「テンプレートから簡単にフォームを作成する方法」もしくは「HTML/CSSの知識をつかって自由にデザインする方法」のどちらかを選べるようになっています。

どちらを選んでもサーバーサイドやデータベースなどのバックエンド(システム)の知識は必要ありませんが、より簡単に早く作成したい人や、デザインにそこまでこだわらない人はテンプレートを利用して作成しましょう。


※ 今回はまず最初にテンプレートを利用して作成してみます。(HTML/CSSを使って作成する方法は別途後半部分で説明します。 )


formrun設定

テンプレートを選んだら、次はフォームのURLを設定して、


formrun_テンプレート設定


テンプレートの種類を選びます。 


「製品やサービスに関するお問い合わせ」「イベント・セミナーへのお申し込み」「会員登録」「キャンペーンへの応募」「中途採用へのエントリー」など、用途に応じたテンプレートがたくさん用意されています。




formrun_テンプレート設定


テンプレートの種類を選ぶと、このようにフォームの項目を設定する画面になります。 必要ないフォーム項目がある場合は、項目にカーソルを合わせて一番右の赤いマークをクリックすると、



formrun_項目設定




このように不要な項目を消去できます。



formrun_項目追加


項目として追加したいものがある場合は、左の項目の「追加」をクリックして、


formrun_項目追加


必須・任意のどちらかを選択して項目を追加していき、最後に「保存」をクリックすれば完了です。


formrun_作成


フォームの作成が完了すると、最初に登録したURLが正式に発行されて、このようにフォームの実際の表示を確認したり、共有リンクとしてURLをシェアできるようになります。



formrun_表示



ちなみにこっちがPC版のフォームで、



formrun_表示


こっちがスマホ版のフォームになります。





formrunの管理画面



formrun_管理画面


ちなみにフォームの内容は、作成した種類に応じて、このように管理画面に表示されます。ここからフォーム内容を編集したり、お客さんからの問い合わせ・申し込み状況を確認できるようになります。



formrunの管理画面を操作してみる


formrun_申し込み


formrunを使って作成したフォームから、実際に申し込みをしてみます。上のようにそれぞれの項目に内容を入力して、


formrun_申し込み


情報を送信すると、


formrun_表示設定


このように、しっかりと管理画面に情報が反映されている事が確認できます。




formrun_表示設定


カードをクリックすると、対応状況を変更したり、そのままお客さんにメールを送信する画面が表示されます。(ちなみに右側に表示されているのはお客さんがフォームから登録した情報です。)


formrun_表示設定


そしてこのように対応状況を変更すると、



formrun_表示設定


変更したステータスの場所に、そのままカードが移動してくれます。 これだけで対応状況を整理して把握できるのはとても楽ですよね。



formrun_表示設定


ちなみにお客さんの情報は、カード形式だけでなく、このようにリスト形式で表示する事も可能です。



formrunで変更可能な設定について


formrun_通知設定



ちなみに受信した申し込みやお問い合わせに関しては、メール・Slack・Chatworkなどで通知してもらうことも可能です。


ormrun_外部連携


他にも、Googleスプレッドシードと連携して登録したデータをエクスポートしたり(有料プランのみ可能)、


formrun_メール設定


送信したメールが開封されたかどうかや、メール内のリンクがクリックされたかどうか確認できるように設定する事も可能です。



無料プランと有料プランの違い


formrun_無料プランと有料プランの違い



ちなみに上で紹介した機能は基本的に無料プランのものですが、有料プランに切り替えれば、プラスで以下のような事も可能になります。



  1. 独自ドメインのメールアドレスからメールを送信できる(Professionalプラン)。
  2. 問い合わせ情報を管理できるチームメンバーを、最大10人まで追加出来る。
  3. ページ下部に表示されるformrunのクレジットを非表示に出来る。
  4. Google Analyticsと連携できる。
  5. 添付できるファイルの容量が増える(最大で合計30GBまで)。
  6. CSVをエクスポートできるようになる。
  7. 優先的にメールサポートが受けられるようになる。



なお有料プランにする場合、「STARTERプラン ¥4,980 ⁄ 月」か「PROFESSIONALプラン ¥12,800 ⁄ 月」のどちらかを選ぶ形になり、情報を管理できるメンバーを、10人からさらに増やしたい場合は、1人あたり月額800円(税別)お金がかかります。

本格的にビジネスとして利用したい場合や、毎月一定の問い合わせや申し込みがあり、お客さんの対応にけっこうリソースを割くような会社の場合は、有料プランにアップグレードしても値段と同じくらいの価値があるかもしれません。


今回紹介してきたように、無料プランの範囲内でも充分サービスの基本機能や使い勝手を確認できるので、興味を持った人はぜひ一度利用してみてください。

『 formrun 』



Workship space_コワーキングスペース

Workship spaceより

Workship spaceはフリーランスや副業希望者が、作業する場所を探すためのサービスです。GIGという会社(WEB制作会社として有名なLIGの創業者の会社)が運営しています。

アクセスや営業時間、料金などがわかりやすくまとまっていて、とても使いやすいのでピックアップしました。

他にも3つくらいコワーキングスペースを検索するサイトを見てみましたが、このWorkship spaceが一番使いやすいと思います。



日本全国の900件以上のコワーキングスペースを掲載している


Workship space_日本全国対応

Workship spaceは、関東や関西などの大都市圏だけでなく、地方のコワーキングスペースも掲載しています。

あと、ひとつのコワーキングスペースだけでなく、複数掲載している地域が多いので、このWorkship spaceひとつで、色々なコワーキングスペースをチェックすることができます。



Workship spaceなら利用者の口コミも閲覧できる(1300件以上)


Workship space_口コミ

Workship spaceは、口コミも閲覧できます。どのコワーキングスペースも、割としっかり投稿している人が多い印象です。


ちなみにコワーキングスペースの口コミは、


  • 雰囲気
  • 環境
  • 設備
  • 要望
  • 感想



このような項目に沿って投稿されています。



サービスが見やすくて使いやすい


Workship space

Workship spaceは、画像が多めで見やすいですし、コワーキングスペースを路線で検索することも可能です。

気になった人はぜひ一度サービスをチェックしてみてください。

Workship space



↑このページのトップヘ