アマゾンの置き配について


アマゾンの置き配サービスのやり方や、設定できる配達場所などを整理してみました。




アマゾンの置き配とは?


アマゾンの置き配とは


Amazonの置き配 より


アマゾンの置き配は、荷物を受け取る際に、応対やサインなどが必要ないサービスのことです。置き配が完了すると、配達してくれた人からこのように写真付きのメールが届くようになっています。




アマゾンの置き配指定の対象商品になっている場合は、注文を確定する時に、お届け先の住所の下に、置き配指定のリンクが表示されるようになっていて、そこで置き場所などを指定する流れになります。

ドライバーさんにも申し訳ないし、再配達の連絡とか時間を合わせて荷物を受け取ったりするのとか、地味に面倒だったりするわけですが、このアマゾンの置き配を利用すれば、対面で受け取る必要がなくなるので、すごいいい仕組みだったりします。




Amazonの置き配に対応している地域



Amazonの置き配に対応している地域



ちなみに現在の対応エリアは、東京・埼玉・神奈川・大阪・愛知・静岡・福岡などの一部の地域のみとなっていて、今後さらに拡大していく予定とのことです。絶対拡大したほうがいいですね。



アマゾンの置き配のやり方。置き配の場所を指定する方法について


Amazon_置き配_やり方


実際にアマゾンの置き配を利用する方法を説明します。まず買い物の手続きを進めていき、最後の購入確認の画面で、置き配指定の「置き場所を指定する」のリンクをクリックし、



Amazon_置き配_場所を選択


こちらで好きな場所を選び、 


Amazon_ 置き配


このように場所が表示されればOKです。




Amazonの置き配はマンションや玄関先でもOK!他に設定できる場所は?


Amazon_置き配_場所



ちなみにアマゾンの置き配は、荷物の置き場所として、以下のような場所を設定できるようです。



  • 玄関
  • 宅配ボックス
  • ガスメーターボックス
  • 車庫
  • 自転車のかご
  • 建物内受付け/管理人




アマゾンの置き配ができない場合


なお現状、以下のような場合は、置き配が利用できないそうです。

  • 郵便ポストに投函可能な商品の場合
  • 配送業者が置き配に対応していない場合


郵便ポストに投函可能な商品は、外ではなくポストの中に荷物を置けるので、セキュリティーの面でも安心なのでは?と思いますが、いまのとこダメみたいですね。


amazonの置き配を利用して盗難にあった場合はどうなるのか


ちなみに商品が届いていない場合、状況によっては商品の再送や返金にも対応してくれるようです。


アマゾンの置き配をキャンセルしたい場合


Amazon_置き配_キャンセル


ちなみにやっぱり置き配をキャンセルしたいとなった場合、注文履歴に置き配指定のリンクが表示されていれば、こちらの画面から「置き配を利用しない」を選択するとキャンセルできます。




アマゾンの置き配の評判








いい 笑



確かにとても便利だなとは感じつつも、このように感じる人は多いかもしれないですね。








Amazonの置き配で勝手に荷物が持っていかれないか心配な人は、宅配ボックスを利用しよう


Amazon_簡易型の宅配ボックス



Amazonの置き配を利用して、勝手に荷物が持っていかれないか心配な人は、自宅に簡易型の宅配ボックスを設置するのもいいかもです。

値段もお手頃で、鍵付き・大容量75リットルサイズ(2Lの水のペットボトルが12本分入るサイズ)のもので2999円です。レビューも高評価の意見が多いですが、念の為、鍵だけ別のものを購入して使用すれば、さらに安心とのこと(紛失・故障など)。

宅配ボックス-大容量75リットル-ワイヤー付き



ただ設置場所は「宅配ボックス」と「玄関」、どちらがいいのか迷いますよね。

宅配ボックスにすると、違う場所を探してしまって発見できないかもしれないので、場所を「玄関」に設定し、宅配ボックスの中に「写真と一緒に設定した鍵の番号も教えてください」などのメモを用意して、メールで暗証番号を教えてもらうようにするといいかもしれません。


あと貴重品や重要なモノの場合は、無理に置き配を利用せず、これまで通り在宅で受け取っているという人もいました。




置き配バッグサービスの「OKIPPA(オキッパ)」とは?





ちなみに簡易宅配ボックスとスマホのアプリを連携させた「OKIPPA(オキッパ)」というサービスもあります。心配な人はこっちのほうがいいかもしれません。

利用方法も簡単で、置き配バッグの「OKIPPA(オキッパ)」を玄関に吊るしておけば、配達員の人がバックに荷物を入れてくれるようになっており、スマホアプリと連携させて、配送完了の通知を受け取る事もできます。





というわけで利用したい場合は、アプリをインストールして、こちらからバッグなどの申し込みをしましょう。バック1個の値段は税抜き3,685円で、現在全国10万世帯にOKIPPAを無料で配布するキャンペーンを実施中とのことです。







ただしこのように置き配に失敗している人もいるので、利用する際は説明書をしっかりと確認するようにしましょう。SNSを見ると、他にも失敗している人がけっこういました。


OKIPPA(オキッパ)




どうしても置き配に抵抗がある人は店頭で受取る方法もある


Amazon_店頭で受取る方法


最後もう一つ「どうしても置き配に抵抗がある、でも再配達などは避けたい」という場合は、コンビニなどのお店で荷物を受け取る方法もあります。

上で「郵便番号で検索」を選び、番号を入力して「検索する」をクリックすると、


Amazon_お店一覧


こんな感じで対象エリアの店舗が一覧で表示されるので「この店舗に送る」をクリックし、


Amazon_店頭で受け取り


こちらの画面から「次に進む」をクリックして、申し込みを進めていきます。



Amazonの置き配